« ホッとする光景 | トップページ | 冬の日の出 »

2008年12月 7日 (日)

JICA沖縄って?

知ってますか 『JICA』という政府系の組織。

正式名称を≪独立行政法人 国際協力機構≫といいます。

 

私も何となく知ってはいましたが、ちょっとした縁でJICA沖縄の施設に訪れることができたのでご紹介。

 

そもそもJICAがやることって何?って感じでしょうから簡単に説明しますと、日本が開発途上国に対して

・技術協力

・有償資金協力(円借款:低金利長期貸付)

・無償資金協力(返済の必要無し)

・多国間援助(資金を国連等を通じて多国へ)

ってなことをやる使命をもった政府系組織です。

 

「JICA沖縄」は今から20年以上も前、鈴木元総理が「ASEAN人創り構想」を立ち上げ、できたものです。

簡単に言うと、アセアン諸国の各国を将来背負って立つような候補生を日本の「JICA沖縄」に研修生として来てもらい、数週間~数か月の間、先進国の技術や知識(ITスキルやメディア等)を身につけてもらい、自国に帰って活かしてもらう、という目的の施設です。

こういうことに税金って使われているんですね

施設内コミュニケーションは全てEnglish。いろんな国から来ているので当然です。

 

その中で会話がついていけない自分がものすごく恥ずかしい。

世界人口の40%が英語をしゃべっているのに、日本にいると英語ができなくてもなんとかなっちゃうので、その危機感が薄い。

今からでも遅くないので、英語を本気で身につけたいと思います

 

沖縄の自然に囲まれた研修施設をちょっとご紹介。

Jica

施設正面には大きなシーサーがお出迎え。

Jica_2

敷地面接は何と33,000㎡

研修施設だけじゃなく、宿泊棟には食堂やサロン、テニスコートにプール、ビリヤードに卓球、図書館など様々な要素が取り入れられており、研修施設としては申し分ありません。20年以上前に作られたとしては豪華な作りだと思います。

これが模型。

Jica_3

 

 

施設内のガラスのショールームには、過去ここで勉強した各国の研修生から寄贈されたお土産が掲示されています。

Jica_5

これはソロモンと、パプアニューギニア。

Jica_6

これはギニア。

Jica_7

中南米のトリニード・ダバゴ

Jica_8

あとベトナム。

 

いろいろありすぎて全部紹介できないけど、各国の特徴が出ていておもしろいです。

この施設内にしか掲示されていないので、興味のある方は観に行ってみてください。

 

土日などは、各国の研修生達も街に出て、小・中学生と交流したり、スポーツしたりと、滞在中に実際の日本に触れることもあるようです。

でも、参加している研修生は各国の高官になる人達なのだから、日本のビジネス界との接触の機会を増やしてもいいと思うし、施設をもっと民間人に開放して、日本人と研修生の交流を広げてもいいかな?と思いました。日本人こそ刺激をもらったほうがいいと思うし。

 

昔、開発途上国と言われていた国も、今じゃ目覚ましい発展を遂げています。

貧富差があるとはいえ、一気に世界のIT市場に入り込んだインド。

中国も20年前のイメージではありません。

 

各国の成長支援してきた日本は、自分の国の成長をどう考えているのでしょう・・・。

 

自国の長期ビジョンが見えてきませんね

政局もうだうだです。ニュース見るのも鬱陶しくなってきました。

 

とにかく、自分のできること・やるべきことにしっかり毎日取り組むのみです

明日からまたがんばろー

|

« ホッとする光景 | トップページ | 冬の日の出 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JICA沖縄って?:

« ホッとする光景 | トップページ | 冬の日の出 »