« 東京2日目 | トップページ | 健康診断沖縄バージョン »

2009年2月 7日 (土)

東京最終日

今日も引き続き東京ネタ。

しつこいのでこれで最後

出張の目的は終了したが、土日まで滞在を延泊した。

 

この最大の目的は、父親と会うこと。

 

父親と会うときは、東京にいるときから、決まった儀式があった。

まず先祖の墓参り。

Photo

日暮里にある「養福寺」という寺に山崎家の墓がある。

私の母親はじめ、先祖代々が眠っている。

あらためてこの寺の仁王門、重要文化財になってたんだね。

 

墓参りの後は、必ず浅草に行く。

小さいときから、新年や入学・進学など家の行事は全部浅草だ。

だから理由はなく浅草が好き。

汚い街で発展途上国のような臭いがする街。

人種も多種多様。身分も多種多様。

ごった煮の街。

和食のうまい店の代表格が全部そろっている。

下町だから、気取らず食べる店ばかり。

北野たけしが下積み時代に通ったというこんな店もあるよ。

Photo_6

その名も「捕鯨船」。

メニューはクジラばっかり。

昔はもっと裏手にあったけど、有名になって移転したんだね。

看板に「鯨(ゲイ)を喰って芸を磨け!」ってさ。

 

 

まず厄払いも兼ねて浅草神社で祈祷してもらった。

Photo_2

離れて暮らす父親としては、息子が厄払いすることで、かなりホッとするらしい。

 

浅草寺周辺を散歩しながら、親子で世間話を繰り返す。

Photo_3

今まで目にも留まらなかった五重塔。

すっかり観光客気分で写真撮ったりしてみたりして

 

食事は私の行きたい店に連れていった。

久々の東京で、絶対食べたかった「釜めし」。

釜めしを食べたいときに必ず行く釜めし屋さん「むつみ」。

浅草には他にも「釜めし春」とか有名店があるけど、そんなの目もくれない。

Photo_4

古びた玄関の引き戸をガラガラっと開ける。

座敷にちゃぶ台がいくつもあって、古い旅館の朝食会場みたい。

いろんなお客さんが賑やかに食事と会話を楽しんでいる店。

  

えびしんじょう、まぐろとろさし、やきとり、厚焼たまごなどなどつまみながら昼間っから酒を飲んだ。

当然シメは釜めし。

Photo_5

定番五目釜めしにしたけど、種類も豊富。季節ものもあるので、時期を楽しめる。

おこげの感じがまたよい

 

 

親父の移住は確定的になった。

あとは、物理的な問題を片付けるだけ。

来年の正月は沖縄で一緒に過ごすと、決めた。

うまくいくといいけど・・・

  

遅くならずに帰りたいという親父の意向で、夜になる前に別れた。

次逢うときは、話が具体的になっているときだろう。

  

  

夜は、「奴」とふたりで会った。

私が高校生のときから浅草にある、古い炉端焼き屋に行った。

素材をただ目の前で焼くだけの店。

けむりがモウモウとしている大衆酒場のカウンターで、

「奴」とふたりで将来の日本や世界を語り合った。

完全に他の客から浮いていたね。

10歳以上年下だが、夢に向かって走り続けている奴はおもしろい。

 

沖縄でもこんなエネルギーを持っている若い力に会いたい。

 

日本を変える、世界を変えることができるのは、これからの若い力だ。

東京じゃなきゃ刺激がない、なんて思わない。

どこにいても意識さえ変われば飛躍することはできるハズ。

 

そんな環境やキッカケを沖縄で創っていければと思う。

 

|

« 東京2日目 | トップページ | 健康診断沖縄バージョン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京最終日:

» 不況の今がチャンスです [沖縄に行こう]
沖縄は一度しか行ったことがありません、今度は長期滞在したいのでこれで今資金を作っているところです。→ お金をかけずに起業できるのがインターネットビジネスの世界です。選択さえ間違えなければ、インターネットは「宝の山」と化す可能性を秘めたマーケットです。これまで経験したことのない速いスピードで襲いかかっている経済危機に備えて1日も早くコス...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 8日 (日) 00時41分

« 東京2日目 | トップページ | 健康診断沖縄バージョン »