« 心の力 | トップページ | 沖縄の現実 »

2009年3月29日 (日)

島酒

内地にいたころ、よく飲む酒は芋焼酎。

一番のお気に入りは「相良兵平」

あと「萬年」とかもよく飲んだ。

移住した今じゃ、すっかり泡盛オンリー。

  

 

沖縄では泡盛のことを『島酒』と呼ぶ。

居酒屋で「しま!」と叫ぶと泡盛が出てくるのだ

泡盛は米がベースなので、米焼酎とそっくり。

基本はサッパリ味。

でも古酒(クース)になると、芳醇で深みのある味になる。

 

種類によって、味も全然違う。

一押しは『春雨カリー』

沖縄サミットの際、各国主賓に振る舞われた酒。

 

先日、好きな銘柄のひとつ「瑞泉酒造」に行ってきた。

Photo_2

工場見学もできて、歴史が学べる。

Photo_3

ノーアポの予約無しで行ったのにも関わらず、店員のみなさん親切にしていただき、見学から試飲まで丁寧に案内してくれた

 

Photo_4

ところ狭しと、島酒が並ぶ。

中には、めちゃくちゃ貴重な酒や何十年も寝かした酒もある。

Photo_5

この甕酒は、2~6万円ぐらい

いづれ、自宅に置いてみたい

 

今回の最大の目的は

工場見学でも、試飲でもない。

ここ酒蔵でしか買えない島酒を買うこと

Photo_6

他の陳列棚とは別に、さりげなく置いてある。

3~5年の古酒とは違う。

16~7年間、蔵で寝かした酒。

ちっちゃい瓶だけど、限定200本。

売り切れたら、次の甕を出すまで無い。

 

いつも自宅で飲んでいる瑞泉の種類を伝えたら

店員さん、喜んでこの酒の存在を教えてくれた

 

ちっちゃいからすぐ飲んじゃうけど、

また買いに行こうっと。

 

 

東京の人が想像するに、沖縄の人は酒好きで大酒食らいが多いと思っているだろうが、酒のマナーは東京より上。

酒好きな人、そうでない人、ちゃんと住み分けされている。

無理に飲ます人は、私は未だ見掛けていない。

 

でも強い人は、ほんとーにつよいけどね

 

|

« 心の力 | トップページ | 沖縄の現実 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島酒:

« 心の力 | トップページ | 沖縄の現実 »