« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の記事

2009年4月29日 (水)

家の近くの世界遺産

家の近くシリーズ第3段notes

  

  

小さな花のじゅうたん。

Photo_3  

  

  

たまらず寝転がってみた。

Photo_4

空を見上げると

青い空と白い雲のコントラストがキレイshine

自然に包みこまれた感じがたまんね~happy02

  

  

ここは標高も高いので眺望もGOOD。

Photo_5

眼下に見える太平洋。

ココは新年の初日の出スポットとしても有名。

  

私が住む中城村のシンボル的存在。

Photo_6 Photo_7

そう、ここは城(グスク)です。

世界遺産 日本100名城 『中城城跡』です。

 

以前、緋寒桜を見に、「今帰仁城」に行ったことがある。

今帰仁城も風情があって良かったけれど、

中城は、ゴツゴツした粗っぽさが城ぽくって好き。

  

海のレジャーもいいけど、

琉球の歴史を知るのもいいね。

 

皆さんも来沖の際は、

違う沖縄の側面を覗いてみてwink

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

家の近くの重要文化財

自宅のすぐ近くに、国指定の重要文化財がある。

今まで近すぎて素通りしていたので行ってみた。

 

『中村家』

Photo_2

 

  

約280年前に建てられた琉球を代表する住居建築物。

Photo  

 

家の中には、まさに琉球らしい人形も展示している。

Photo_4

  

  

屋根の上のシーサーも、今のシーサーと表情が違う。

Photo_3  

  

  

庭には南国を感じさせるきれいな花が・・・

Photo_5

  

ゆりの香りが。

Photo_6

  

 

この花は何??

Photo_7

小さく可憐な花。

石壁のそばに、凛としてたたずむ姿が愛らしい。

  

  

ヒンプン(目隠し壁)

ウフヤ(母屋)

アシャギ(離れ)

トゥングワ(台所)

メーヌヤー(家畜小屋)

 

などなど、

琉球文化にあらためて触れる時間。

  

ここは日本であり日本じゃない。

今から数百年前は琉球王朝だったんだね。

その深い歴史に威厳を感じる。

  

私のようなよそ者を受け止めてくれることに感謝。

じっくりゆっくり琉球の歴史に触れていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

村長からのお願い

定額給付金通知書が我が家にも届いた。

無条件で国民にお金をばらまくなんて、すごいね。

 

その通知書に

『村長からのお願い』

が同封されていた。

 

村職員一同でお辞儀をしてお願いする写真付きgawk

Photo

子どもたちを国内外へ派遣交流させる資金が村に無いらしい。

このお金を定額給付金の中から寄付してほしいそうだ。

相当切実なんだね。

 

寄付にお金回しちゃったら、景気浮揚策の一環として、消費に回してほしい定額給付金の本質からズレるけどbleah

 

でも、現場レベルでは、こんなにお金(税金)が使えるなら、もっと他の施策に有効に使いたい!と考えて、給付金が欲しくなっちゃったんだろうね。

国と現場の行政ではこんなにもズレているってことだ。

  

 

今回定額給付金を国民に支払うのに約2兆円。

その他、高速道路や車、電化製品など景気浮揚策が目白押し。

総額15兆円の税金が投入される。

それも国が追加の借金して。

 

すでに800兆円の借金しているから15兆円ぐらい、なんてことないのか?マヒしてるのか?

 

15兆円って、国民ひとりあたりにしたら10万円以上だよ。

 

目先の数万円のために、長期的な借金を強制的にさせられるって、何か違和感無い??

 

何事も、長・中・短期の視点が重要だけど、今の政治は目先のことをやっつけるのに必死で、国の将来をどこまでホントに考えているのか心配になるね。

 

中城村の子どもたちのため、将来の沖縄を担う若い力のために、気持ちばかり寄付しましょう。

 

人財に先行投資すること。

これが時間は一番かかるけど、最も有効な手段だよね。

そんな税金の使い道なら喜んでsmile

 

村長さん、たのんます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

ソーキ肉

会社の人に連れられて行った沖縄料理屋

 

『りゆうび』

 

Photo

風情のある琉球家屋

内地の友人を連れてくるにはもってこいの店

 

店に入って会社の人がオーダーした料理に絶句wobbly

 

『ソーキの網焼』

 

Photo_2

皿自体がデカイのに、この大きさcoldsweats01

肉の塊

まずは驚く。

  

でも一味食べると

香ばしい味付けと煮込んだ柔らかい食感で

バクバク食べちゃうsmile

 

肉好きの人は一度行くべしgood

  

そんなに空腹じゃなかったのに食べれる食事って

ほんとにおいしい証拠だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

沖縄の結婚式

ついに沖縄の結婚式に参加することができたhappy01

 

新郎の金ちゃんは、沖縄生まれのうちな~んちゅ。

ご両親は今も昔も沖縄の経営者。

でも、彼は中学から親元を離れ島の外へ飛び出したアクティブ派。

大学は東京の青山学院大学卒業。

新卒で就職した会社が、私の前職と同じ会社。

競合激戦区で共に戦った戦友のひとり。

6~7年前に退職して、22年ぶりに沖縄へ帰郷。

今じゃ

「自分の会社の社長」

「親族企業の社長室長」

「JC(日本青年会議所)那覇支部専務理事」

と3つの顔を持つ超多忙なスケジュールをこなす毎日。

  

私より年齢は2つ下だが、貫禄は格段上coldsweats01

面倒見がよく、包容力と笑顔が最高な人。

  

私の沖縄移住の際にも、とてもお世話になった。

新婦のちかちゃんと家族ぐるみのお付き合いをさせていただいているhappy01

 

そんなアラフォー金ちゃんが、ついに結婚式を挙げる。

年齢が年齢だけに、集まった人たちもそれなりの立場や職責を持つ人ばかり。

前職時代にお世話になった人が、内地から大勢来沖した。

こんなに忙しい人達が、一度に大勢沖縄に来て大丈夫か?と心配するほどsmile

  

早い人は3日前から来沖した。

ここからは時系列で怒涛の写真レポートしちゃいます。

Photo_24

目的は3日間のゴルフ三昧smile

顔もまっ黒に日焼けしている。

 

前夜祭もすごかった。

新郎金ちゃん、前日なのに2時まで飲んだらしい。

Photo_25 Photo_26 Photo_27 

 

翌朝、挙式のために新郎新婦は式場集合が朝7時wobbly

連日接待続きで大変だったハズ。

でも疲れも感じさせない笑顔のふたり。

頭がさがります。。。

 

Photo_28

私たちは13時からの披露宴から参加。

昨日のやんちゃぶりが嘘のような凛々しい顔立ち。

  

  

琉球放送アナウンサー『狩俣倫太郎さん』の司会で、300~400人の出席者の中、結婚披露宴がスタート。

 

入場テーマ曲は

美空ひばりの『愛燦燦』

コテコテの演出に一同大爆笑happy01

Photo_29

和装で緊張した面持ちの二人。

  

続いて、来賓の祝辞。

Photo_30

 

前職グループ系列会社のT社長。

金ちゃんの人柄を絶妙に表現されていました。

さすがですね。

  

  

この披露宴。おもてなしが本格的。

通常、沖縄の結婚披露宴は、友人や親族の一芸披露や出しもので盛り上がるのが普通。

でも金ちゃん、素人芸はお断りとしたらしい。

 

琉球舞踊『かぎやで風』の演舞。

沖縄生まれのジャズシンガー『安富祖貴子さん』のライブ。

と、めちゃくちゃ本格的。

 

とてもシックな大人の結婚披露宴ですwink

Photo_31 Photo_32

お約束のケーキカットbirthday 愛の共同作業ですheart01

 

新婦友人代表スピーチで、新婦のちかちゃんがうるっときてたので、おもわずもらい泣きしそうになりました。

Photo_33 2_3

親友からの言葉っていいですよね。

 

その後は

 Photo_34

Photo_35

『琉楽座』による創作エイサーとシーサーの演舞。

 

サプライズな演出もsign01

なんと

Photo_36

『魅川憲一郎さん』がシークレットライブshine

これには会場、大盛り上がりhappy02

 

内地では知っている人いないかもしれないが、

このそっくりさん、沖縄ではTVやCMに引っ張りだこ。

私の席の横でトークショーしてくれたので、

ミーハーなショット撮っちゃいましたbleah

  

沖縄の結婚式を締めるのはコレ。

Photo_37

皆で檀上に上がって『カチャーシー』を踊りまくりsmile

  

   

最後は、両親への花束贈呈。

Photo_38

今までいろんな結婚披露宴に参加してきた私。

やはり娘から両親へのスピーチは毎回感動。

 

でも今回は別格。 次元が違う。

ちかちゃんの生き様、両親への想いを聞くうちに、号泣してしまったcryingcryingcrying

メガネもはずし、あふれ出る涙を拭くのが精一杯。

人前でこんなに泣いたのは久しぶりだbearing

ちかちゃん、金ちゃん、ご両親を大切にねwink

  

謝辞として、新郎の金ちゃんが最後のスピーチ。

出席者の顔ぶれを見ながら、自分の今までの生き様や人生が走馬灯のようにフラッシュバックしたんだろうね。

感極まって声が震えていたね。

カッコ良かったよ、金ちゃん。

     

    

Photo_44 おまけ。

会場に天使がいたのでツーショット。

ピュアな心に癒されましたhappy02

  

  

      

続いて2次会のリポート。

Photo_39

生きたペンギンが4匹いるバーに行きましたhappy02

ペンギンは、一度つがいになると生涯添い遂げる性質がある幸せな鳥だそうな。

 

2_4

新郎新婦も各テーブルでおもてなしが大変。

Photo_40

ブーケトスならぬブーケ引き。

会場にいた独身女性が大盛り上がりsmile

Photo_41

嘘のような偶然の演出でしたが

友人代表で挨拶したちかちゃんの小学生からの親友Oさんが、みごとブーケ引き当てましたsign01

幸せの神様が、彼女に微笑むといいねwink

Photo_43

最後はお約束のキッスで2次会は終了。

このピントのボケ加減がGOODbleah

  

  

この後は、いろんなグループに分かれて3次会へ。

私は金ちゃんおススメの豚しゃぶの店へT社長と他数名と一緒に時間を共にしましたhappy01

Photo_45

このアグー豚、ほんまもんshine

どんなに食べても、次から次へ。

うまみと甘みが絶妙で、いくらでも食べれちゃうね。

 

でもこの店、もうひとつの売りは牛タン。

Photo_46

マスターが貯蔵庫から仕込み前の牛タンを出してきてくれた。

  

最近入荷したのは、赤みを帯びていてまだ柔らかい。

1ヶ月前に入荷した熟成したやつは、すでに黒みがかっていて肉もカチカチ。

1頭の牛の舌から、おいしいところ厳選すると2人前しか出せないんだってhappy02

また行きたい店がMYリストに追加されたねlovely

   

   

その後、泡盛ならぬ焼酎バーで贅沢なひととき。

Photo_47

童心に帰るって、こんな感じ。

楽しい時間でしたhappy01

   

   

結婚式の翌日も、滞在を延長して沖縄ライフを楽しんでくれた友達もいました。

Photo_48

私の大好きな居酒屋『恩納つばき』。

家族ぐるみで楽しい時間を過ごしました。

2歳の志道(シドウ)君も、絶好調?!

  

また来てねwink

  

  

金ちゃん、ちかちゃん、おめでとうsign01

これからも末永くお幸せにheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

浮気

沖縄に移住する際の心配事として、

うまいラーメン屋が少ない、ということ。

 

内地にいた際の行きつけのラーメン屋は

いわゆる昔のあっさり醤油ラーメン。

軽い昼食、飲んだ後の一杯、よくお世話になった。

その店主に、ダシを凍らして沖縄に送って欲しいと頼んだが、結局ダメだったweep

そのくらい好きだった味。

 

沖縄に来て心配事は的中。

 

「うまい」と聞いて行ってみた店、

ほとんどこってり。

とんこつや背油ドロドロ系。

 

塩味やしょうゆ味もあるが、微妙に違う。

 

沖縄そばがあっさりだから、ラーメンは濃い味を求めるのかな~?

 

そんなあきらめモードな私に

ちょっとupな出会いが・・・

Photo

ダメもとで食べたら、うまかったsmile

「とんこつニラキムチラーメン」

 

そう、まさにこってり、元気系。

好きな細麺と、見た目よりあっさりなスープ。

食べながら少しずつニラキムチを混ぜてからませる。

最初と最後ではスープの味も変わり、飽きない。

 

あっさり醤油味一本、浮気無しできた自分だが

この味なら浮気もいいかもbleah

 

いつもじゃheavyだけど、たまにならいいねsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

今年初の海デビュー

この土日、やっと沖縄らしい快晴に恵まれたsun

 

ちょっと冷たいかな?とビビりながらも

今年初の海デビューwave

自宅から車で40分ぐらいのとこに行ってみた。

Photo

愛車の三菱アウトランダー。

ラゲッジルームが上だけでなく、下も開けられるのが好き。

ベンチに早変わり。

 

白い砂浜とかがあるキレイなビーチではなく、

岩や石がゴロゴロしているとこ。

Photo_2

この海に来ているのは、

海女さんや釣り人、

サーファーに、地元家族連れなど。

  Photo_4

リーフに囲まれているので、遠浅で波もおだやか。

慶良間や離島に行かないとキレイな海はない、と思いこんでいる人も多いと思うが、そんなこともない。

そりゃキレイな度合やスケールは全然違うが、沖縄本島の海だってまだまだだwink

今日は、キレイな海をいっぱい収めてきたので、怒涛のPHOTOレポートしたいと思いやんす。

Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10

ムラサメモンガラという派手な色した魚が群れていた。沖縄ではよく見かける魚だけど、こんなに大群で群れていたのは初めてhappy02

Photo_11 Photo_12

珊瑚たちも、しっかり息づいていたhappy01

Photo_13 Photo_14 Photo_15

こういうの見ると珊瑚が「動物」って、なんとなく解る気がするね。

この海岸、自然生態調査のため、ビーチパーティが禁止されている。

それだけ貴重ってこと。

 

いつまでも、この環境を大切にしたいね。

Photo_16

全然冷たくもないし、寒くもなかったscissors

 

全身運動だから、心地良いlovely

海に入ると、心が解き放たれる感じ。

時間も忘れてしまう・・・

 

今日は、ぐっすり寝れるね。

今年初の海デビュー、最高でしたshine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

みっけた

沖縄本島から道でつながっている離島はいっぱいある。

家から車で1時間以内で行けるからうれしい。

 

道路から脇道にそれ、アスファルトから砂利道に。

砂利道が道なき道に。

 

急な坂を下りきったところに、そこはあった。

2

誰もいない静まり返った海。

波が行ったり来たりするだけ。

Photo

ぜいたくな時間。

周囲は山や崖に囲まれている。

Photo_2

誰もいないと自然の大きさに押し潰されそうになる。

全てを忘れる瞬間。

Photo_3

毎日、分単位で燃焼していると

この贅沢な時間の使い方が、心地良い。

 

脳と心の栄養剤だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

沖縄石油基地

離島と離島の間を埋め立てたところに、すごい施設がある。

日本全体の原油消費量6日分(450万キロリットル)を貯蔵している

『沖縄石油基地』

Photo

遠くに見える丸いタンク。

近くで見るとかなりでかい。

SF映画で見る無機質な宇宙基地のよう。

道路からでは全体を見れないので、空からの映像はコチラ。

めちゃくちゃ広い敷地に建設されているのがわかる。

 

地球が太陽系に誕生して46億年。

人類が誕生してから500万年。

石油が使用され始めたのが1,900年ごろと言われているので

まだ100年程度。

 

太古の昔の植物や動物の死骸が永い年月をかけて圧力や熱によって生成された石油。

それをものすごい短期間に使い切ろうとしているんだよね。

わかりやすく例えると1年半かけて貯め込んだ資源を1秒で使い切るということ。

 

さらに、その貴重な資源を奪い合うために、戦争や殺人などが勃発し、欲や利権が絡み合っている。

 

地球の歴史にとって、この1秒大きいね。

 

その恩恵を日々被る自分。

自分だけじゃ、どうしようもできない現実。

 

でも、間近で施設をみたら、違和感あったんだよね。

なので記してみた。

無力を感じながら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

磯遊び

天気が良かったので、ちょっとドライブsun

 

潮が引いていたので、道路脇に車を止めて海へ繰り出してみた。

Photo_7

海に潜るだけじゃなくて、

ちょっと磯遊び感覚で水際をうろちょろするのも

童心にかえった気分で時間を忘れて楽しいsmile

水中観察だ。

 

Photo_8

キレイで透明な海shine

天然のアオサーを採りにきている地元のおじさんやおばさんがいた。

いつもアオサー採りにきているんだって。

 

 

群れで泳ぐ小魚、

岩にへばり付いている貝たち、

ヤドカリや、ちいさいカニなど

見ていて飽きないwink

 Photo_9

クモヒトデを発見eye

全部の足を自由に動かしながら

くねくね動く姿は、クモというかヘビというか・・・

 

Photo_10

こんな大きい2枚貝も発見。

あまり見たことない貝だね。

そっと、元の場所に戻してあげました。

 

Photo_11

海をきれいにしてくれるナマコ。

盛り上げたら、水をピューっと吐き出した。

あまり長く持っていると腸まで吐き出しちゃうらしいので、すぐに海に戻してあげました。

 

 

何時間ぐらい無心で遊んだかなsmile

 

40歳過ぎても、まだまだ子供のままだねbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

鮮魚ならココ

自宅から少し車を走らせたところに漁港があるので行ってみた。

漁港の中に

「パヤオ鮮魚店」がある。

Photo

自分は釣りをしないので詳しくわからないが

パヤオとは水深1000m以上の沖合に、人工的に作った浮魚礁のことらしい。

海面に人工衛星のような浮きが浮いていて、海底に延びたロープに付着した海藻類を食べるために小魚が集まり、 その小魚を食べに中型魚が、そして、中型魚を食べに大型魚が集まってくるという、 自然のサイクルを活かした漁だそうだ。

 

店内には、鮮魚だけでなく、地域特産物(野菜や総菜、菓子類)も多く扱っている。

鮮魚店だけに魚の種類は豊富fish

Photo_2

沖縄の海で獲れる普通の魚たちも

2

カニやイカ類も

3ちょっとめずらしい魚も。

Photo_3

買って、その場で解体してくれるからうれしい。

 

さらに、店内にはその鮮魚を食べさせてくれるスペースまであるので、それを目当てに来ている客で、店内は大にぎわい。

地元ファミリー、近くの会社員、米軍関係者など多くが訪れている。

日本人観光客らしき人は見かけなかった。

Photo_4

注文するレジには、すごい行列。

Photo_5

魚汁定食、天ぷら定食、すし定食、まぐろ丼、うにいくら丼、伊勢海老定食などいろんなメニューがある。

 

せっかくの鮮魚店なので、オーダーしたのは

Photo_6

「すし定食」

にぎりずしの他、天ぷらに魚汁ともずくがセット。

量も味も満足lovely

次は違うメニューをオーダーしに、また来ようscissors

 

うちなーんちゅ、外国人、ナイチャーがいて、ごった煮の店内。

テラス席もあって、活気ある雰囲気がさらにウキウキさせてくれる。

 

こんなとき英語が話せたら、違う友人ができるんだけどな~wink

聞くことはできても、話せない。。。

残念crying

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 2日 (木)

沖縄の現実

北朝鮮のミサイル発射問題があるからか、

ここ数日、軍用機の離着陸が激しい。

ステルス戦闘機から、輸送機、ヘリなど様々。

 

市街地の真上をブンブン爆音で飛ぶ。

戦闘機などは、空気が割れるような轟音。

戦闘ヘリなども、近くで聞くとプロペラ音がスゴイ。

 

今まで何度もカメラにその姿を収めようとしたが、

音が聞こえてから準備しても、間に合わない。

 

移住して7か月。

今日、やっと住宅地上空を飛ぶ

軍用機の姿を撮ることができたsmile

 

それがこれだ。

Photo

写真で伝わるかな~?

民家のすぐ上を飛んでるから

ちょっと手を伸ばしたら届きそうな感じ。

 

離着陸で少しでもミスったら大事故間違いなし。

 

日本を守るため、米軍基地がある。

必要悪として割り切るものか?

 

危険と隣合わせ。

騒音被害。

環境破壊。

治安悪化。

 

でも

基地収入2,000億円。

日本の安全。

 

う~んbearing

答えられない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »