« 創り出す街、創られた街  | トップページ | マトリックスの世界へ »

2010年2月26日 (金)

ベンチャーが生まれるカルチャー

刺激的な一日だった。

シリコンバレー2日目も
ウソのような晴天

天気予報
アテにならないね。

  
  

スタンフォード大学へ訪問。
Blog1

ただの訪問じゃない。
2人の教授から、直接講義を受けることができた。

 

「シリコンバレーベンチャー論」
「ナノテクノロジー研究」

というテーマ。
Blog2

 

結論から言うと
これじゃ日本は勝てないね。

 

文化と価値観が違いすぎる。
お互い良い悪いはあるにしても、何がこんなに違うか?

 

アメリカ全土のベンチャーキャピタル
総額2兆8,000億円のうち
40%以上がシリコンバレーに集中している。

  

常識にとらわれない柔軟性。

「次」を常に探し続ける習慣。

徹底した成功理論の裏付けのもと
もし、失敗しても徹底分析しながら
再チャレンジを支援していく地域社会。

 

どんなエリート大学だろうと関係ない。
「何をやるか」だ。

名前で大学を決めるのではない。
就職率や就職先で大学を決めるのではない。

「様々な分野の優秀な人材が集まる環境があり
自分の人生を輝かせることができるか」が
大学を決める理由だ。

 

日本の大学生約150人に
「ベンチャーを立ち上げる準備をしていますか?」
という問いをしたところ

ほとんどの学生が「無い」と。

その中で最も多かった理由は
「両親の反対」だ。

 
 

なんじゃこりゃ。

安定を求めて公務員を勧める親が
日本にたくさんいるようでは
日本は、じわじわとダメになる。

  
   

公務員は安定を求める職ではない。
強い使命をもって、日本を動かす気概がなくてはならない。

税金を使う重みを日々寝られないぐらい
悩まなくてはいけない。

 

これ以上書くと
熱くなりすぎるので、この辺で。

   

スタンフォード大
キレイでした!
Blog3

  
  

夕食前に、ホテルのジャグジーでリフレッシュ
Blog4

  
 

メチャクチャインプットしまくった頭を
メリハリつけるには
プールとジャグジーは最高のグッズ。

 

カラダがスッキリしたあとは
空腹を癒しに再度外出。

 

今日はオムレツのお店に行きました。
Blog5

やっぱり味はオオアジ。

アメリカの味覚って、繊細さは無いね。

   
  
  

今後の滞在期間中に
おいしい食事にありつけることを期待します

夕食後も勉強や仕事をしていたら   
現在、午前0時40分。

  

明日も早いので
寝なくちゃ。

 

おやすみなさい

|

« 創り出す街、創られた街  | トップページ | マトリックスの世界へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベンチャーが生まれるカルチャー:

« 創り出す街、創られた街  | トップページ | マトリックスの世界へ »