« Beaujolais NOUVEAU 2011 | トップページ | ついに道に人が寝てる状態に遭遇しました »

2011年11月28日 (月)

走って気づく街のいろいろ

基本車社会の沖縄。

 
 

街を歩く人も少ない。

 
 
 
 

自分も目的地まで車移動する日常だから
車窓から流れるように見る景色に
慣れてしまっている。

 
 
 

だからこそ
散歩やマラソンをすると
見える風景や感じるモノが違うことで
ハッとすることが多い。

 
 
 
 

海や緑や土が混ざった
自然そのものの空気の匂いや
刺すように痛く照りつける太陽の力や
屈託の無い笑顔で遊ぶ子どもたちや
カラフルな花と香りや虫や鳥の声など

  
 
 
 

五感で直接感じることができる。

 
 
 
 
 

だけど、イイことばかりでも無い。

 
 
 
 

最近走っていて目に付くのは
道端に捨てられたゴミの多さだ。

 
 
 
 

タバコのポイ捨て
缶やビンの投げ捨て
ビニール菓子袋やプラスチックなど

 
 
 
 
 

以前もこのブログで紹介しているが
マナーの悪さには、本当に驚く。

 
 
 
 
 

観光立県の沖縄なのに
自分たちで自分の街を汚すなんて、、、

 
 
 
 

特に観光客が寄り付かない
日常の道やビーチは本当に汚い。

 
 
 
 
 

沖縄県民の沖縄LOVE率はかなり高いハズ。
その意識があれば
自分の街を汚すなんてできないハズなのに、、、

 
 
 
 

指定ゴミの回収は行政がやるけど
道端のゴミや海岸のゴミまで
全部行政がやるなんて無理。

 
 
 
 

もし予算がつくなら
各自治体や町内会レベルに
権限と予算を振分けて

  
 

住民みんなで1〜3ヶ月に1度でいいから
ビーチクリーンや、街のポイ捨てゴミの回収など
やってみてはどうだろうか?

 
 
 
 

ディズニーランドで
ゴミをポイポイ捨てる人はいないよね。

 
 

それはキレイなところに
捨てづらい心理もあるし
カストーディアルという掃除スタッフさんが
目の前で一生懸命掃除してくれている姿が
否応無しに視界に入ってくるから。

 
 
 
 

それでもポイ捨てできる人は
よっぽど感性が壊れた人。

 
 
 

その原理を自治体レベルで
推進できないものだろうか。。。

 
 
 
 

何度も言うけど
観光で飯食っている県だからね。

 
 
 
 
 

 

あと、雑草が放置されていて
車からの視界を遮っていたり
歩道をジャングルのように埋め尽くす状態で
歩道という態を成していなかったり

 
 

そんな状態があちこちにある。

 
 
 
 

仕分けのせいとか
県道や市町村道とかの区分が違うとか
いろいろできない理由を挙げたら
キリが無いけど

 
 
 
 

南の暑い沖縄では
雑草の伸びる早さはハンパ無いので 
安全の意味でも定期的な作業が必要。

 
 
 
 

こういうことって
すごーく細かいことだけど
一事が万事で
そういうことがきめ細かくできないと
他のこともできていないんだよね。

 
 
 
 
 

縦割り行政って、よく言うけど
これは○○のための予算だから、とか
一度確保した予算は使い切らなきゃ、とか

 
 
 

お役所の考え方は
本当に理解できない。

 

 

 
 
 
 

計画的に使うためにも
予算はあってしかるべきだけど

 
 
 
 

皆が汗水たらして納めた大切な税金を
取捨選択して使うべき。

 
 
 
 

生き金と死に金を見極めないとね。

 
 
 
 

違う、必要無い、と思ったら
勇気をもって使わず余らせて
他に回せる仕組みが欲しいね。

 
 
 
 

意味も無い箱もの建築や
土木工事などにジャブジャブ税金使う時代は
もう終わりでしょ。

 
 
 
 

医療や年金や教育、ベンチャー支援など
安心して生きるため、日本や沖縄を強くするために

 
 
 
 

もっと有効に税金を使って欲しいな。

 
 
 
 

沖縄行政の国依存、
沖縄県民の行政依存はまだ根強いハズ。

 
 
 
 

ひとり一人の意識が自律して言動できれば
イイ組織創りができるのは
企業も行政も同じ。

 
 
 

 
誰かがやってくれるではなく
自分の言動を変える、意識を変える
マナーやモラルをUPする、など

 
 

ひとり一人ができることから変えていくだけで
きっと少しずつ変化が見えてくるハズ。

 
 
 
 

エラそうなこと言ってて
自分だってできていないこともいっぱい。

 
 
 
 

まずは自分を変えることからだね。

 
 
 
 

たまにはこんな内容のブログもありかな。

 

骨埋めるつもりで移住しているので
良い地域創りをしていきたいキモチは本気。

 

向かうべきゴールのためにも
ちゃんと気づきは発信しておかないとね。

 
 
 

ではでは〜

|

« Beaujolais NOUVEAU 2011 | トップページ | ついに道に人が寝てる状態に遭遇しました »

コメント

以前、県内で車の窓からペットボトルや紙屑を捨てるのを見て驚いたことがあります。

観光立県と言いながら、マナーの悪さやモラルの低さにあきれることもしばしば・・・

と、まずは自分の行動を振り返ろっと。。。

投稿: しましまん | 2011年11月29日 (火) 13時57分

しましまんさん

コメントありがとうございます!
これ以上自然を壊さずに
素晴らしい観光地にしていきたいですねー。

投稿: ごかぼ | 2011年11月30日 (水) 00時40分

暁ちゃんの、骨埋めるつもりで移住しているので、という言葉に、ハッとさせられました。どこかまだ主体的になれていない自分、心のどこかに国の違いを言い訳や人のせいにしている自分がいる。このところのイライラが吹っ飛んだ感じ。有難し。

投稿: モリモリ | 2011年12月 6日 (火) 06時25分

モリモリ

いや〜、沖縄とブラジルじゃ違うっしょ。
俺は好きで移住したけど、モリモリは転勤だからね。

あまり焦らず自分を責めずにゆっくり馴染めばいいと思うよ。
沖縄からの移民が多い国だから、何かつながることができるかもね。

ガンバってください!

投稿: ごかぼ | 2011年12月 6日 (火) 07時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走って気づく街のいろいろ:

« Beaujolais NOUVEAU 2011 | トップページ | ついに道に人が寝てる状態に遭遇しました »