« 若いうちの成長実感ってものすごく大切 | トップページ | Miss International in OKINAWA »

2012年10月 6日 (土)

生き様

今週は別れと再会が同時にあった

『人』に関して濃縮な1週間。

 

 

 

 

妻側の身内に不幸があり

急きょ10/1~10/3に山形県へ。

 

 

 

 

 

結婚式などは前もって連絡があるけど

不幸の知らせは突然。

 

 

 

 

今回は上半期末、下半期スタートという

特殊な時期だったにも関わらず

会社の理解やメンバーの協力で

何とか休みが取れた。

 

ありがたい。

 

 

 

 

沖縄に移住するってことは

そんなときに

サッと行って、すぐ帰ることのできない距離、

ということをあらためて実感。

 

 

 

 

義弟のお嫁さんのお父さんが

64歳という若さで亡くなった。

 

 

 

 

映画で

『死ぬまでにしたい10のこと』があったり

『終活』という言葉があるように

 

 

 

 

ガンが再発したことを告知され

末期を迎えるまで

 

 

 

 

一緒にいたい人と共に

やりたいことをする時間を過ごしたらしい。

 

 

 

 

通夜も葬式も

心から慕われて惜しまれて

涙と笑いに包まれた式だった。

 

 

 

 

お父さん、本当に良い生き方したんだね。

だから死にザマが美しい。

 

 

 

 

 

 

俺もそんな死に方がしたい。

 

 

 

 

昔10代の頃は、

中途半端な生き方するより

振り切った生き方をしたいと思っていたので

大好きな人に囲まれながらも

敵に後ろから刺されて突然死するぐらいが

ちょうどいい死に方だと思うぐらい尖っていたが

 

 

 

 

40歳を過ぎた今は

長く生きることこそあまり興味はないが

大切な家族や仲間など、

優しい『心』と『人』に

埋もれて死にたいと思う。

 

 

 

 

「金」なんて

あの世に持っていけないからね。

 

 

 

 

 

あ、そういえば

今回急きょ沖縄を発つことになって

生まれて始めてLCCを利用してみました。

20121005_224417_0

 

 

 

 

 

850円を追加すれば

非常口シートを指定できるので

前の座席とのスペースもゆったりで

足を組んでも、余裕があるぐらい。

20121005_224419_1  

 

 

 

短時間のフライトなら

LCCもありかな、と思っちゃいました。

 

 

 

 

 

と言いつつも、

ANA派は揺らがないけどね。

 

 

 

 

 

あと帰りがけに

日暮里にある山崎家の墓参りをしてきました。

20121005_224422_2

 

 

 

 

出張などではスケジュールビッチリなので

墓参りはスルーしてきたのですが

 

 

 

 

今回みたいな時に行かないと

次いつ行けるかもわからないので

強行スケジュールでお参りしたわけです。

 

 

 

 

 

一生懸命墓石を洗い

ゴミや落ち葉を拾い

花を生け、線香を焚き

守っていただいている先祖に

最大の感謝の気持ちを伝えてきました。

 

 

 

 

 

ただそれだけなんですが

すーっと気持ちがキレイになった気がします。

 

 

 

 

 

自分を見つめる時間や

感謝する気持ちって、大事ですよね。

 

 

 

 

 

那覇空港に着いてすぐに直行したのは

7年ぶりに再会する大切な人との場。

 

 

 

 

 

沖縄で医療介護系の関係者が集まる

大イベントが開催されているらしく

 

 

 

 

私の知人のU氏は、施設の長でありながら

業界の理事でもある影響力ある立場の人。

 

 

施設メンバー引き連れて来沖したわけです。

20121005_224424_3

 

 

 

 

そんな方となぜ私に縁があるかというと

前職のグループ会社で介護事業の運営を任されたとき

右も左もわからず、

現場のスタッフに聞いてもいろいろ主張があり

どうジャッジしていいかわからずに戸惑っていたとき

 

 

 

 

目指すべき施設として紹介されて

施設見学したのが出会いなんです。

 

 

 

 

 

世界的にも日本は有数の超高齢社会。

 

 

 

 

 

生き延びるために

高齢者は欲求やわがままをガマンして

施設スタッフの言うことを受入れ

 

介護してもらっているという

後ろめたさから

家族は疑問や文句があっても口にできず

当初は“人のため”と思って飛び込んだ 

介護スタッフも

ハードすぎる職場に、優しさを忘れ

いつしか作業効率を求めるようになり

 

 

 

 

全ての人たちが

本来あるべき姿からかけ離れていくという状態を

何とか変えないと、という

強い信念をお聞かせいただき

それ以来、迷わずにジャッジができるようなりました。

 

 

 

 

 

毎日決まった時間に食事や風呂やトイレがあるなんて

ありえないでしょ。

 

 

 

 

スタッフはスケジュールが決まっていて

一斉に作業したほうが楽かもしれないけど

 

 

 

 

利用者ひとり一人は

別々の欲求があるわけで

 

 

 

 

 

当たり前だけど

好きなときに風呂に入って

好きなものを食べて残して

好きなときに起きて、寝て

外出したり、買い物したり

映画をみたり、友人とおしゃべりしたり

 

 

 

 

そんな欲求を自分なりに調整できなくては

刑務所と同じ。

 

 

 

 

 

要は施設利用者の個別満足を高めるためには

介護スタッフは非効率と苦労が高まるわけ。

 

 

 

 

 

 

そこに共感して振り切ることができないスタッフがいては

本当の意味で良い施設は創れないという

絶対的な信念があったからこそ

今のU氏とその仲間たちがいるんだと思う。

 

 

 

 

 

本当に熱い人だよ。

 

 

 

 

日本を良くするために

愛する家族が安心して歳老えることのできる環境、

それを支える業界スタッフが

誇りを持って勤めることのできる職場環境、

 

 

 

 

それを創ることに

人生懸けている人です。

 

 

 

 

 

素晴らしい生きザマだね。

 

 

 

 

 

 

U氏もきっと美しい死に方をすると思う。

 

 

 

 

 

 

7年ぶりに再会してみたけれど

U氏の熱さと情熱は薄まることを知らず

信念をあらためて感じることができました。

20121005_224426_4

 

 

 

 

 

生きザマや死にザマを決めるは自分。

 

 

 

 

 

どう生きるか、やりきった日々を過ごしたいね。

 

 

 

 

明日も完全燃焼でいこう。

 

 

おやすみなさい。

|

« 若いうちの成長実感ってものすごく大切 | トップページ | Miss International in OKINAWA »

コメント

sign01sign03motorsportsgame

投稿: りょうま | 2012年10月11日 (木) 21時00分

マラソン大会結果は46人中33位でした。だけどタイムは10分52秒だったよc(>ω<)ゞ     言いたいことはそれだけなのでおやすみ~

投稿: かすみ | 2012年10月11日 (木) 21時10分

りょうまへ
sign03gamewinkgood


かすみへ
マラソン大会お疲れさま!
1km5分26秒ということは、私のマラソンより早いよsmile
よくガンバリましたscissors

投稿: ごかぼ | 2012年10月13日 (土) 05時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098229/47326143

この記事へのトラックバック一覧です: 生き様:

« 若いうちの成長実感ってものすごく大切 | トップページ | Miss International in OKINAWA »