日記・コラム・つぶやき

2017年1月 1日 (日)

2016も2017も

先日49歳になりましたbirthday

アラフォーブログというのが名称詐欺になりつつありますが、クレームは受け付けませんbleah

10代の頃同級生たちに
「いつ死んでもいい生き方をしたい」
「熱く太く短く生きたい」
などほざいておりましたが、死にたくありませんw
やりたいことだらけで、できればもっともっとやりたいことをやり尽くしたいので、長生きしたいですww

人間何歳になっても攻め続けるもんなんですね。
2016年も、新しい出会いやチャレンジが多く、進化を実感する年でした。
そして2017年も本格的に新たなステージにチャレンジする予定。

50歳になっても全く休まず突っ走る感じです!

若い時、50歳前後でこんなに走り続けていることは想像してませんでした。
どっちかというと、お金にも時間にもゆとりができて、優雅な日々を過ごしているものと、、、smile

若いエネルギーに囲まれ、新たなチャレンジをし続けられる環境に身を置けるから、心身若くい続けることができるんでしょうね。本当に感謝です。もし優雅な日々なんて過ごしていたら、きっと老けこんでいたに違いありません。きっと私の人生、走り続けてパタッと倒れる人生なんだと思いますwink


大好きな沖縄で大好きな人たちに囲まれて、志高く日々過ごせること、本当に感謝です。

沖縄に移住して10年目を迎える今年、忘れられない年にしたいと思います!
2017年、今年もよろしくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

沖縄移住9年目突入!

5月8日ぶりの投稿なので、約4か月ぶりっすbleah

9月2日は、沖縄移住Anniversary!
本日9月3日から9年目突入です〜happy01

移住してから毎年この日だけは必ず投稿しているんですね。
ブログって自分の記録でもあるので、節目で記録するって大事でしょ。

移住8年目
移住7年目より以前

そう、いろいろな方々に支えられ、いろいろな経験を積み、沖縄での生活もそろそろ10周年が見えてくるぐらい時間が過ぎました。

マジであっと言う間dash

気づいている人もいると思いますが、40歳で移住し始めたアラフォーブログ。
そう、もうアラフォーじゃなくアラフィフなんですが、気にせずスルーしてくださいsmile


5月の投稿以降、ここ最近何してたかってことをツラツラと写真で紹介しておきますね。

Img_0022
そう、今年は移住後初で宮古島と石垣島に行きましたー!
観光客時代は、本島より離島派だったのに、移住しちゃうといつでもいける感じになるからか、本島の海でもそこそこ遊べちゃうからか、すっかりご無沙汰しちゃっていました。


Img_0216
離島と離島をつなぐ、こんなにちっちゃいプロペラ機にも乗ったりhappy02

Fullsizerender
宮古島の伝統飲み「オトーリー」デビューしてみたりbeer


Img_0100
そうそう、地元ラジオ番組『Radio dub』にもお声掛けいただき出演しちゃいましたー。パーソナリティのまーちゃんとエリナさんが楽しい方だったからか、ラジオってカメラがないからか、普通のおしゃべりみたいに気楽に話せちゃうんですよねー


Img_0150
県内の小学生から大学生を集めてワークショップ型の説明会を開催したり


Img_0168
小学生を対象にしたプログラミング教室(2名が半年間の授業料無料!)の選考会を開催したり。


Img_0164
そんな中でも、私が住む与那原町のペット散歩仲間たちと食事会を開催したりdog


Img_0245
最高のサンセットを最高の出会いでつながった方と楽しんでみたり。

Img_0431
今年は慰霊の日に移住後初めて休みが確保でき、現地に行って慰霊の日を感じることができましたweep


Img_0166
宜野座村の各課職員が縦割りではなく集まって、村の未来を考えるワークショップを開催させていただいたり、

Img_0531
沖縄国際大学では、プレゼンテーションの基礎スキル講座を開催させていただいたり、


Img_0483
りゅうぎん国際化振興財団の授与式に参加させていただいたり、


Img_0399

今年もRyukyufrogs(8期目!)のキラキラした選抜生たち(中学3年から大学4年生まで)とひと夏を過ごしたり。   


Img_0502
インターナショナルスクールの学生さんたちとパンケーキカフェで交流会してみたり、


Img_0720
夜景の見えるカフェで会社のメンバーと未来を語りあったり、

Img_0731    
うまうまな串焼き屋さんで、会社のデザイナーやエンジニアと楽しい時間を過ごしたり、


Img_0736
夏のお盆の帰省時期に合わせて、RyukyufrogsOBOGが集結する焼肉パーティを開催してみたり、



Img_0496
同業界人事担当同士で、はっちゃけた交流会を開催してみたり、



Img_0738
沖縄県庁で記者会見を開催してみたり、


Img_1178
そしてその様子が地元テレビで放送されたりcoldsweats01


Img_0832
今年も行きましたよ。シリコンバレーに。

Img_0831
いっぱいいっぱいいろんな方にお会いしているのですが、その様子に興味のある方はこちらのブログでご確認ください!


Img_1160
現地ではKaanにも再会。日本でも有名なJINSの海外出店1号店に訪問したところ、JINSのモデルでもあるKaanがお出迎え。THX!


Img_0680
忙しい合間に愛犬くるみとの触れ合いは、とっても癒されるわけでheart04


Img_1140
行ってますよ。相変わらずくるみと居酒屋も。

Img_0597
サンセットを見ながらカフェでくるみとまったりするのも最高の時間。


ということで、元気でやってますwink


沖縄という、人も自然も最高な環境の中で、とっても刺激的でスピード感ある日々を送れていることに感謝感謝です。



最近困っているのは、やりたいこと、やるべきことがどんどん増えすぎて、実現プランを考えるとワクワクが止まらないのと、残す人生でプライオリティーつけてどこまでチャレンジできるかってことですね。


誰か老化を止める薬知りませんか?
いや、10歳若返ることができる魔法を知りませんか?


沖縄に移住して、こんなに贅沢な悩みを抱えることができて最高に幸せです。
冗談のようでマジな悩みでした〜smile




| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

沖縄の海の幸と山の幸に囲まれて 

移住してから8年も経つというのに、「獲ったどー!」ってやつをやったことがなかった。



家の近所に、与那古浜公園というペット愛好家が散歩しに集まる公園があって、そこで何度か顔を合わせているうちに「◯◯ちゃんママ・ パパ」とか呼び合う常連コミュニティで形成されてきたんですね。


飲み会開催したり、待ち合わせしてドッグランに遊びに行ったり、最近ではLINEグループで「与那原愛犬家の会」などが結成されちゃうほどhappy01


そこで知り合った地元のN先輩に、なんと「もずく採り」に誘われたんで、ペット散歩仲間数名で参加してきましたー! 

P5071615


海に行く前には、N先輩の畑にも案内されて

島バナナとか
20160507_025412367_ios

パッションフルーツとか
20160507_025504396_ios

本土では流通しないピタンガの実とか
20160507_025218171_ios

その場で収穫したものを食べるって幸せですよねーlovely


そして地元の人しか知らないスポットから海に行くわけですが、
P5071617


ただN先輩の後ろに必死でついていくのみですcoldsweats01
P5071620


大潮ですっごく引き潮な時間に行くので、普段では泳がないといけないめちゃくちゃ沖まで歩いていけるのも、海の生物を観察しながら楽しい遊びなわけです。


もずくの赤ちゃん。
P5071621

だいぶ沖まで行くと、あまり人も来ないので、もずくの畑かっ!と思えるぐらい、もずくがわんさか収穫できるんです。
P5071633


沖縄では居酒屋とかでメニューに出てくるマガキガイも見つけました!
毒性のあるイモ貝とかにも似ているので、間違わないように!
P5071627
目がこっち向いていて、可愛いので、食べちゃうのが申し訳ない感じになるんですが、、smile


当日、かなり沖まで歩いて、深い海で潜ってみました。
浅い海では、白いウミヘビにも出会えて、楽しかったですー
30秒動画にまとめてみましたbleah



当然、晩のつまみには、大量のもずくときゅうりを和えた酢のものと、貝の刺身や茹でたやつが並ぶわけで。。。smile

20160507_102929633_ios

これは、しゃこ貝ね。
見た目はグロいけど、磯の香りたっぷりで、酒のつまみには最高ですね。


今年のGWは、ずーっと仕事ばかりだったので、沖縄らしい遊び体験ができて、最高に良かったです!

身体を動かすって、運動もいいけど、やっぱり無邪気に遊びに没頭しながら身体を動かすのって、気持ちいいし、心も身体もいっぺんに軽くなる感じがするよねー。

いい思い出になりましたーhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

リクルートサイトリニューアル!

このプライベートブログですが、沖縄移住に興味がある方が多くご覧になっていただいているんですよねー。ありがとうございます。

月1回程度の少ない更新にも関わらず、「沖縄 移住 ブログ」で検索すると、1ページ目にヒットするのは、日々いろいろな方からアクセスいただいているおかげなんですね。感謝です。

私の勤務先、実は移住者がいっぱい!
Iターンと言われるケースが28%も!
Uターンも含めると、なんと県外経験者が50%もいるんですよー!

キャリア採用においては、年間で100人以上の方の応募者がいますが、その70%は県外からのIUターン希望者なんです。

なので、このブログにもちょっと紹介しておこうと思います。

3月1日といえば、新卒就活スタートの日!
私の勤務先でもリクルートサイトがリニューアルされたので、県内外の方にご覧になっていただきたく、ちょっと仕事ネタではありますが、ご紹介しますねー

Lex_recruit


勤務先の制度やカルチャー、理念などがわかりやすく紹介されています。
社員インタービューも追加で紹介していく予定ですので、ぜひご覧ください。

あと、キャリア採用向けのサイトもあります。
そこでは数年前のコメントですが、私の体験も掲載されていますよ(笑
Career


先日、世界中のAirbnbユーザーの投票で選ばれた“お気に入り”地域TOP10に、何と沖縄が2位にランクイン!!

1.ベリーズシティ(ベリーズ)
2.沖縄(日本)
3.ジョージア州サバンナ(米国)
4.タークス・カイコス諸島 (英国領/西インド諸島)
5.カリフォルニア州メンドシーノ(米国)
6.京都(日本)
7.サンフアン(プエルトリコ)
7.マーガレット・リバー(オーストラリア)
9.ジャービス・ベイ(オーストラリア)
10.タマリンド(コスタリカ)

すごくないですかー!!

そんな沖縄という最高の環境で、住まい、働くことができるって、本当に感謝です。


大自然や優しい人たちに囲まれて、東京と変わらない仕事をするって素敵ですよね。
移住を検討している若者や転職希望の皆さん、いつかお会いできる日を楽しみにしています〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月31日 (木)

今さらですが、年末年始はふるさと納税でキマリ!

今さらですが、ふるさと納税デビューですw

大好きな地域食材が目当てではありますが、目的を定めて地方へ納税し、そのお礼の品をもらうことで、生産者や地域が活性化するって素敵ですよね。

私の納税目的は、地方を活性化するための人材育成に利用してもらうようにしました。

年末年始は、日本各地のグルメ食材でプチ贅沢しちゃいますが、これら納税額の

ほとんど90%近くが、後日還付金として還元されるんですよ。すごい制度ですよねーlovely


まずは「鹿児島県曽於郡大崎町」のうなぎ!
Img_8848
沖縄では美味しいうなぎになかなかお目にかかれないので、とっても嬉しいんですよねー。熱いご飯にのせて、ふわっふわな食感を楽しんじゃいましたー



次は「北海道古平郡古平町」の数の子といくら!
Img_8943
Img_8941
これだけあれば、炊きたてごはんがバクバク進みますよねー。酒のアテにも最高な逸品。



どんだけ卵系が好きなんだと言われそうですが、「北海道枝幸郡枝幸町」の甘塩完熟筋子!
Fullsizerender1
まだ解凍していないので、味はわかりませんが、今から楽しみです。私にとっては、いくらや数の子よりごはんの友としては最適な食材なんですー。



そして次も北海道「北海道幌泉郡えりも町」の毛ガニとししゃも!
Img_9121
Fullsizerender
父親が昔、カニ専門店で働いていたこともあって、山崎家は大のカニ好き。本当は3杯ぐらい食べたいんですけどねーbleah

ししゃもは、以前本当のししゃもを食べてから衝撃を受けて、いつかまた本当のししゃもを食べたいと思っていたので、この機会にオーダーしてみました。




北海道ばっかりに納税してんじゃねーよ、と思う人もいますよね。はい、食材中心で選んでいるので、そこはしょーがないってことでsmile



でもちゃんと違う地方もセレクトしてみました。今まで四国とか行ったこともないんでですが、「高知県高岡郡四万十町」のどぶろく。
Img_8907
この酒、生きているんです。発酵しまくり!
Img_8910
なので、ビンのキャップには小さい穴が! 発泡して暴発しないように、ここから逃がしているわけですねー

今までに飲んだことない味でした。発酵し続けているので、常に味が違うってのも面白さ。



そしてデザート系にもチャレンジ。「静岡県賀茂郡南伊豆町」のメロン!
Img_9022
めちゃくちゃ甘かったー! 届いてから熟すのを待ちに待ってから食したわけですが、もう甘いのなんのって、、、、



そしてあと1品。「宮崎県日南市」の宮崎牛ステーキ!
でも、これまだ届いていないんです。。。
人気商品らしく、納税から2ヶ月以上待つらしいんですよね。
いつ届くのか楽しみですねー。


ということで、ほんの少しの負担で、地域活性化に貢献できた年末年始となりました。


沖縄移住して、早8年。
大好きな地域に住んで、その地域のために働けることに感謝。

やりたいことだらけなので、身体が動くうちに全力でやり尽くしたいと思います。


あ、沖縄も楽しまないとねcoldsweats01
来年こそは、慶良間諸島とかに遊びに行こうっと!

あと結婚20周年だから、長期休暇とって、海外旅行とか日本周遊旅行とかも計画ししちゃおうかな。


人生一度きり。
沖縄に移住したことで、良い意味で仕事とプライベートの境目がなくなってきました。とにかく仕事も遊びもやりたいことをやり尽くして楽しまなきゃね。


皆さん、来年もよろしくお願いします!

良いお年(未来)をお迎えください!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

介護の未来を求めて東京へ by Ryukyufrogs

金曜早朝便で東京入りして日曜最終便で沖縄に戻るという濃密なスケジュールを楽しんできました。

もはや私のライフワーク的な存在になりつつあるRyukyufrogs。そのプログラムに今期選抜された大学生と高校生との3人旅です。

そもそも何でfrogs生と東京に行くことになったのかっていう話なんですが、簡単に言うと、わずかな可能性に賭けて沖縄から飛び出して調査したいという彼ら彼女らの情熱がそうさせたということです。

9月末にRyukyufrogsで1泊2日でサービス集中構築合宿を実施した時の話です。
1つのチームが介護の世界を良くするサービスを構築するために現場を知ろうと、沖縄県内7つの介護施設に訪問し、約100人の職員にインタビューを繰り返したところ、日々忙殺されている職員からは、「サービスが良いのは理解できるけど、人手不足で時間もないからこれ以上プラスαできないかも・・・」と言われる始末。その原因はIT化が進んでいない、進ませたくない現場の状況があり、アナログ重視で紙に書く業務が多いからこそ、介護以外の業務にかなりの時間が割かれているという矛盾があったりで、インタビューすればするほど悶々とするわけですね。現場の賛同を得られないんだから、自分たちのサービスは受け入れてもらえないのではないか、、とかなり凹んだ状態になっていました。

frogs生が『介護×IT』のテーマでサービス構築にTRYしたのは、Ryukyufrogsを7期継続してきて初めてのケースですが、私、実は前職で介護施設の運営に携わったことがあるんですね。自分が携わっていた業界のことを真剣に学ぼうとしているfrogs生を見ていて知らんぷりできるはずがありませんwink

私が介護業界の運営に携わったのはさかのぼること10年前。当時ズブの素人で、その素人が介護の運営を始めるわけですから、逆に完全にサービスを受ける利用者や家族側の視点に立って判断するように心掛けました。要は自分の親を預けたいと心から思える施設を作れるか、ということです。そこで始めたのが、素晴らしい介護をしているという施設へ見学行脚しまくるということですね。介護はできなくても、介護業界を俯瞰して良い施設、悪い施設を見分けられるぐらいにはなっていました。

その中でも、力強く素晴らしい信念と、それを実現するためにすさまじく大変な改革の道のりを私に教えてくれたいづみケアセンターの内田施設長の顔がすぐに思い浮かびました。その当時受けた衝撃と確信は今でも私の中に根付いています。それだけインパクトのある方を、どうしてもfrogs生たちに紹介したくなり連絡したところ、すぐに相談に乗ってくれるという話になり、frogs生につなぎました。

frogs生たちですが、内田施設長と電話で話すうちに、みるみる表情が変わっていきます。それは介護への志が高く、利用者と家族のためなら労を惜しまないという姿勢に感動したからです。内田施設長も「サービス開発に協力するから、うちの施設を実験台にすればいいよ」と言っていただき、電話を切った後、どうしてもその施設をこの目で見てみたい!という衝動をfrogs生たちは抑えられなくなったわけです。

大学生や高校生にとって、フライトや宿泊費を負担してまで東京に行って調査することは、結構な決断になりますが、私に「東京に行って内田施設長に会っていづみケアセンターの施設見学がしたいです!」という決断を伝えてきました。

応援したくなりますよねーlovely


内田施設長に相談したところ即快諾。それで今回の3人旅が実現したという経緯です。
だいぶ前置き長くなりましたが、ここからは写真付きでこの旅をリポートしたいと思います。


いづみケアセンターの見学はなんと10:30〜17:00とほぼ丸1日。通常こんなに長い滞在は忙しい施設にとってありえない話だと思いますが、沖縄から来たfrogs生を最高のおもてなしでお迎えしていただきました。

施設長インタービュー、施設見学、看護・介護職員インタビュー、施設食体験、利用者様インタビューなど、見学メニューもてんこもり。


すごい充実した時間を過ごせたと思います。

施設見学の最中、焼き芋と芋煮を庭で利用者さんと職員が楽しんでいる光景に遭遇。
Img_8767
たくさんの利用者さんがいらっしゃるので、施設内の写真を撮ることは遠慮していたのですが、とても和やかで楽しそうだったので後方からパシャリ。


『ご自分の家のように、好きなことを好きなときに、、、』

言うのは簡単ですが、これってとっても難しいこと。
職員の業務効率を優先すれば、1日のタイムスケジュールを決めて、いかに効率よく食事や風呂、トイレなどを済ませることが重視されるようになるのですが、それでは刑務所と同じ。

人のために役立ちたいと思って介護業界に飛び込んだ職員は忙しさのあまり効率を求めすぎてその志を忘れ、利用者もわがままを言うと職員に悪いし、優しくしてもらえないから言いたいを我慢するようになり、家族も施設に預けているという後ろめたさから職員や施設に言いたいことが言えずに「いつもありがとうございます」とだけ言うようになる、という矛盾だらけの施設が多い中、職員は自分の判断で利用者様に寄り添い、利用者様は自分の家のように楽しく日々を過ごし、家族は自宅にいた時より穏やかな笑顔を見せる利用者を見て心から安心してくれる、そんな施設がここにあるわけですね。離職率の高い介護業界で、職員の離職率が低いというのは、その証拠。同じ忙しさでも、自分の仕事に誇りをもち、やりがいを感じながらできるって大事ですよねー。


利用者様へのインタビューで、「あなたと一緒に写真が撮りたい!」と言ってくれた方と記念写真。(許可いただいております)
Img_8772
このお母さん、実は以前住んでいた場所が私が住んでいた場所とすぐ近くで、祭りや美味しい店の話でとっても盛り上がり、それで記念写真という話になったんですね。とっても楽しいゆんたくができました。ありがとうございました!


一日中対応していただいた内田施設長と石川部長とfrogs生との記念写真がコレ。
Img_8776_2


2泊3日の旅程の中で、frogs生は4つの介護施設を見学しているわけですが、志高くビジョンを掲げ、それを何年も苦労しながら実現してきた施設運営を目の当たりにしたことで、施設を見極める基準がfrogs生の中でハッキリと芽生えたと思います。


本当に東京に来てみて良かったね。
12月13日に開催する『Ryukyufrogs Leap Day』に向けて頑張ってねー!



私と内田さんのツーショットlovely
Img_8779

10年前の出会いがキッカケとなり、私が介護業界を離れてもなぜかお互い連絡を取り続けていたおかげで、今日の再会につながるというご縁。以前沖縄で老人保健施設の全国大会が開催された際にも沖縄で再会しているので、厳密には3年ぶりの再会ですね。本当に感謝です。



夜は夜で、懇親会まで企画していただくという歓迎ぶり。
施設最寄り駅がある東松山市って、日本3大やきとりの街なんですって!

当然イチオシの名物『カシラ焼きの辛味噌付け』をオーダー。
Img_8780

めっちゃ美味しかったです!


1軒目は早々に19時に切り上げ、2軒目に突入!
Img_8781_3

施設職員の方々も合流し、熱い語らいが続くのでしたー。


frogs生たち、すごい経験しているよね。
本気でその業界の良くしようサービスを考え、本気で業界の方々100人以上にインタビューし、だからこそその業界で有名な志高い人と意見交換ができるわけで、どんなキャリア教育より、よっぽど素晴らしい体験だと思います。


私自身は、あたらめてビジョナリー経営の重要性を再認識しました。IT、不動産、介護、ホテルや飲食、金融、物流など様々な業界あれど、どの業界にもいい会社とそうでない会社があるわけで、その差って、明確なビジョンが存在し、それを実現しようとする徹底力が現場レベルまで行き届いているかどうかってことなんですよねー。



おまけネタ。

ちょうど上京していた時期がハロウィンだったので、ナースゾンビの集団に池袋駅で遭遇!
Img_8783

ハードな3日間だったけど、楽しい思い出いっぱいできたね。


私はスキマ時間に、日本橋三越で開催されていた食のイベント「日本橋三四四会(みよし会)が贈る味と技の競演」におじゃましました。
Fullsizerender

これ、日本橋近辺の老舗料理屋さんが結集して、世界に誇る和食を楽しんでもらうという贅沢な企画なわけです。

私は中学からの幼馴染が切り盛りする鮨コーナーへ直行。
Img_8788

まぐろ鮨をいただいちゃいましたsmile
Img_8797

彼が経営するお店『日本橋吉野鮨本店』
何度もこのブログで紹介しているけど、ぜひ行ってみて!


ということで、過密スケジュールをぬって差し込んだ東京出張でしたが、とっても意義深く意味のある時間となりましたー。



今回、frogs生の東京視察でご協力いただいた様々な関係者の皆さん、本当にありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

ここ最近のあれこれ

ブログって、WebLogの略で、広義では個人の日記的な意味もあるわけで、今回はそんな内容です。

ブログってあとで自分で振り返ると、あの時あんなこと考えていたんだなーとか、その人との記憶がよみがえったりで、沖縄での生活記録的な意味合いもあるんですよねーbleah

まずは英会話レッスンの話。
40歳で沖縄に移住するまで、全く英語とは縁遠い世界で生きていたので、英会話をする機会が全く無かったのですが、それが今では海外に行くし、沖縄でも英語を活用する場面に行くことも増えて、いよいよ本気を出さないと、、、という状況なわけですね。

そこでインターナショナルスクールに通うN.M君にお願いして、今年に入ってから月1〜2回の英会話レッスンをしています。
Img_8428_4

これ楽しく食事しているだけのようですが、会話が英語縛りなんですね(汗)
ま、レベルはひどいもんですが、50歳近くになっても、こういった環境に身を置くことが大事かな、と。

人材育成で英語が大事とか言っているのに、自分が英語を避けていたらダメですからねーsmile

そうそう、こないだ人材育成の取り組みの一貫で、廃校した学校をリノベーションした施設で宿泊研修を開催したんです。それが想像以上に良かったのでご紹介。

Img_8502
入り口は、昔の学校の正門表示のままで、ノスタルジー満点。

Img_8508
体育館もそのままだし

Img_8505
学校の廊下の感じもそのまま。
この研修室、昔は図書室だったそう。

Img_8516
学校の面影を残しつつも、しっかりリノベーションされているし、そこで育てた野菜やにわとりの生みたて卵とかが食事に出されたり、加工品もお土産で買えたりと、沖縄の新たな観光資源になるなーと感じました。


Img_8519
Img_8518
Img_8528

あいあいファームというところなので、沖縄のメジャー系観光に飽きた人は行ってみて!


あと先日、宜野座村の職員向けの研修講師を務めてきましたー。
『宜野座村元気むらプロジェクト』のひとつで、村職員が各部署を横断してグループを作り、村を良くしていくための施策を考えて発表するというものなんですね。

実はお受けしてから、もう3年目になるのですが、今回初の研修メニューを導入してみました。

『求められるサービスを作る』という題材で、4時間で村の課題に向き合い、それを解決するサービスをユーザー視点で考えるという体験型ワークショップです。

Ryukyufrogsで実施している内容を宜野座村向けに、ちょっと加工したやつです。
Img_8531
Img_8534

民間企業では当たり前のユーザー視点も、行政職員にとっては慣れない部分も多かったかもしれませんが、今後も村創りに活かしてもらえればなーと思っています。

次は人生初のラジオ出演の話。
沖縄市のラジオ『オキラジ』に出演させていただきましたー。
Img_8498
人材育成に関わっているので、キャリアを考える「はばたけ!グッジョブ」という番組にお呼ばれしたわけですが、ローカル局というのもあって、なんともリラックスした雰囲気の中、緊張感ない脱線だらけのトークを1時間もさせてもらっちゃいましたbleah


沖縄のこと、小・中学生の子どもを持つ親世代に対するメッセージなど、いろいろ話してますので、お時間ある方は気楽な感じでお聞きくださいw


さすがに沖縄移住8年目にもなると、人の縁も深くなっていくわけで、、、

沖縄で人材育成に関わり始めた最初の年に知り合ったK.A君(当時19歳)が、なんと結婚式のために帰省していたので、再会しました! 

残念ながら結婚式は予定と重なり出席できなかったため、新婚夫婦と3人で食事会。
Img_8547_2
A君も今は個人事業主。海外からの旅行客を受け入れるサービスを展開しています。とっても素敵な奥さんと一緒になれて良かったねー。おめでとう!!


おまけ。

家から徒歩数分の場所に、東京の下町を彷彿させる店がOPENしました。
名前は『足立屋』

足立区出身の元オーナーから現オーナーが買い取り、同級生同士で経営しているという、とっても和気あいあいな感じのお店。
Img_8421
もつ煮に

Img_8463
1個50円のはまぐり

Img_8465
数種類あるホルモン焼など

下町な感じが、うれしいんですね。

気を遣わない仲間や友人と行くには、もってこいの店。

最近、家の近所には、短大も開校(移転)したし、数年後には大型コンベンション施設も完成するらしいので、どんどんおもしろい店がOPENする予感。

便利になるのはうれしいけど、どうせ沖縄に住んでいるなら、どちらかと言うと海と自然に囲まれていたい自分にとっては複雑な気分coldsweats01

ってことで、どうでもいい話にお付き合いいただきありがとうございましたー。
これからもゆっくりじっくり沖縄に馴染んでいきたいとおもいますー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

沖縄移住8年目突入!!

私の沖縄移住記念日、9月2日なんですよ。。。

今日はすでに9月5日。危なく過ぎ去るとこでしたcoldsweats01

そのくらい沖縄に住まうことが当たり前になってきているんでしょうね。

40歳で意を決して沖縄に移住してから、丸7年が過ぎたわけで、想像以上に早いスピードに驚くばかりです。


東京でお世話になった人、前職の恩師やメンバーなど、今の自分があるのは、そういった過去のつながりがあってのことなので、とっても感謝しまくっているのですが、でも全く後悔もしていないし、逆に沖縄に対して感謝ばかり。


沖縄に移住していなければ知り合うこともなかったかけがけのない仲間たち、友人、知人、そして新たな体験や経験。


東京では感じることができなかった人間性や価値観も勉強することができました。


これだ!と思ったときに行動に移したこと、本当に良かったと思っています。



周囲が年齢の話題をする度に、否応無く意識させられる歳のことですが、意外に自分では最近どうでもいい、と思えてきているんですね。


物理的な老化との戦いという問題はあるにせよ、要はエネルギーをどこまで燃焼し続けられバイタリティを発揮することができるか、ってことだけかな、と。


ただ最近親のことで、時が過ぎることを実感させられることがありました。



沖縄移住して約2年で親を沖縄に呼び寄せたわけですが、最近めっきり歳をとったなーと。



内地にいたときより、沖縄に来たほうが親も元気になった気がするのですが、やはり老化には勝てないようで、最近自力で歩くことがちょっと心配な状態になったわけです。


Img_8306_5

これ歩行補助器です。


歩行中に1ヶ月に3回も転倒したため、骨折などして寝たきりになるより安全重視ということです。



これを使うことで、本人も安心できるみたいで、買い物や散歩など積極的に行くようになってきたみたいです。もっと早く利用させてあげれば良かったなーと。


ここで、日本の超高齢化社会にひとつ疑問が生じました。

うちの父、介護認定2回 否定されているんです。

だから、こういった歩行補助器を利用するのにも全く介護保険が利用できないんですね。リースをするのは介護保険を利用した場合と比較して10倍高いですし、買い取るとなると本当に自転車何台も買えるだろ! PC買っちゃうぞ! ぐらいの金額。


確かに重度の介護ではないのは理解しているんですが、まだ自力で動ける高齢者を重度にしないための介護保険の利用方法ってないのかなーと。医療保険と介護保険の狭間というか、、、


医療費、介護費負担を国として減らしたいのは理解できるけど、もうすぐ3人に1人が高齢者になる超高齢化社会に日本がなるって時代、誰もが安心して老後を迎えるようにできないのかなーと、思いを巡らせるわけです。



人口が増えていかないわけですから、大量生産大量消費の時代も終わっているわけで、税金を箱物や建造物に使うより、人の育成や心の幸せにもっと利用できる国にならないのかなーと。



沖縄8年目突入です!


10年目ももうすぐですね。今年は結婚20周年という節目の年でもありますし、死ぬまでにやりたい100のことを実現するにはベストタイミング。



1日48時間、自分があと3人ぐらいいると、もっといろいろできるんですが、やりたいことありすぎで、死ねましぇん。


毎日を後悔しないようとにかく突っ走ります。


これからもご支援よろしくお願いしまーすhappy01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

死ぬまでにやりたい100のこと Vol.1

沖縄に移住して丸7年。

沖縄移住そのものが死ぬまでにやりたい100のうちのひとつでもあるのですが、今年の元旦に、死ぬまでにやりたい100のことを書き出してみたんですね。

費用とか実現性など一切無視してピックアップすると、いろいろ出てきます。やりたいことがbleah

その中のひとつ。

『スキーをやりたい』

そうなんです。沖縄に移住するのと引き換えに捨てた趣味『スキー』
道具もウェアも、名残惜しさもありましたが、潔く捨てて移住したわけです。


ですが、中学生からほぼ毎年スキーに行っていたので、やはり身体の動くうちに1回はスキーをやっておきたいなーと思うようになり、いっその事、思いついたが吉日ってことで、計画しちゃえー!と実行に移したわけですsmile


GWに旅行すること自体、かなり無謀とも思われましたが、そのくらいしか長期休みを取るのも難しいため、ちょっと強引に日程を決定。


その時期に雪があるのは北海道しかないので、選択肢は当然1つに。


実は、プライベートで北海道に行くのは初めてだったので、スキーだけじゃなく北海道で新鮮な魚介類とか食べまくるのも死ぬまでにやりたいことのひとつだったため、一度に2つ実現してしまったというわけです。


約8年ぶりにTRYしたスキー。


沖縄で歩かない車移動生活をしていたうちに、私の足は子鹿のような筋力の無いプルプルした足になっていましたcrying


昔のように飛んだり跳ねたり回ったりなど、全くすることができず、ふわりとした優しいスキーをするのが精一杯。


でも天気にも恵まれ、風を感じながら、久々の雪山で、めちゃくちゃ楽しみましたsign01

約1分20秒の動画をご覧ください。



120cm程度の短い板で、ストック無しで滑るファンスキータイプなのですが、このような感じで、のんびり滑って楽しみました。


グルメも貪欲です。

Img_6896
Img_6998
Img_6951
Img_6948
Img_6901
Img_6985


旅館の食事がなんといっても最高でしたが、いろいろ食べ歩きもしましたーhappy01

その旅館が素晴らしい!
Img_6939
1日12組限定の宿です。


部屋もモダンに改装されていて、いい感じ。
Img_6943
Img_6940


大好きな臭〜い硫黄温泉で、部屋風呂も大浴場もある贅沢な感じ。
Img_6962
Img_6946


クレイパックができるほど、湯船の底には泥が溜まっていたので、お約束ですが、泥を塗りたくりました。
Img_6973


窓から見える雪景色も最高sunsnow
Img_7004

近くの羊蹄山もキレイでした。
Img_6977


あ、せっかくなので、酒蔵にも行きましたよwink
『二世古酒造』です。


そこで、現地でしか買えない活性酒『えぞの誉:黒米入り』をお買い上げ。
Img_6988
ちょっと色が黒ずんでいるのわかります?


これ、振る前は沈殿しているんです。
Img_6987

俗に言う「どぶろく」ってやつですね。


活性酒なので、微発泡でとても飲みやすかったですsmile


明日には沖縄に帰りますが、とても充実した時間と経験ができました。
残り少ない人生。たった一度の人生。
自分が価値があると思うことに、時間を費やしてみたいもんです。


では沖縄に戻ってキレイな海と亜熱帯な自然に囲まれて、素晴らしい仲間たちと一緒に、夢の実現を目指したいと思いますwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

与那原駅舎 復活!

家にこんなチラシが届いたんですね。
Yonabaru

気になるじゃないですか。

地元に何が起きるんだろ、と。



行ってみました。


いつも愛犬くるみを散歩させている家の近くの与那古浜公園に、最近大きな壁が建築されていたのですが、どうやらプロジェクションマッピングの投影用だったんですね。


ナメてました。

戦争の爪痕から、鉄道復活にかける想いが、しっかり伝わる内容でしたね。

映像に合わせて本物の火が出るわ、煙も出るわ、そして最後には映像のタイミングで本物の花火まで打ち上げるとは、与那原町、ガンバってますねhappy01





8,600万円(土地含総工費)かけて、昔の駅の復元とか、本当に観光スポットになったり地元振興になるのかな〜、と疑問もありましたが、ただハードを作るだけでなく、町民を大々的に集めてこういった映像を見せることは、子どもから大人まで、今一度自分の町を見直すキッカケにもなるし、地元愛とか、未来への想いの共有など、ただのまつりとは言えども、意味のあることだったと感じました。

こういうのって費用対効果見えづらいですが、大事ですよ。

町民の想いに着火したことを無駄にしないよう、今後ハードやソフトをどうしていくかが問われます。

ただのお祭りで終わりませんように、、、
与那原町行政に関わるみなさん、ガンバってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧