踊り

2014年10月 5日 (日)

やっぱりエイサーだよね!

今日の夕方、愛犬の散歩をしていたら、何やら太鼓の音が・・・

西原町青年部エイサー祭りだって!


近くの公園で、地元の人だけが集まってゆったりとエイサーを楽しんでいるって、なんかいいよね。

沖縄は、地域の文化をちゃんと残していこうと、若い人たちが頑張っているのがスゴいと思う。いろいろな地方でも地域文化を継承する動きは盛んだと思うけど、沖縄の地域愛は秀でているよね。

エイサーは、生で見ると太鼓や踊りの迫力にやられちゃうんだよね。Youtubeの動画じゃ、絶対に伝わらないだなー、この感じ。

エイサー見ると、なんかチムドンドンしちゃう。不思議だねwink

突然触れた沖縄文化に、なんかちょっと得した気分になりましたーsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

沖縄移住7年目突入!

移住してから始めたこのブログ。

9月2日で移住7年目に突入したってことは、丸6年継続してきたってこと。最近は更新頻度はめっきり少なくなってきたけどねcoldsweats01

移住2年目
移住3年目
移住4年目
移住5年目
移住6年目

と少しずつ地域に馴染みながら、お付合いする人の幅も広がり、いろいろ支えていただきながら進化成長してこれたかな〜と。当然いいことばかりじゃないし、問題にぶつかる場面も多々あったけど、前だけ見ながら前進を続けてきたことで、結果として進化してこれたのかな〜と。


おかげさまで、自分の使命や役割も増えてきて、とにかく突っ走っている感じっすdash
移住前は仕事する日は仕事、休む日は休む、みたいなメリハリが普通だったのが、今では1日単位で分けるのではなく、時間単位でメリハリ付けている感じ。これもすぐそこに素晴らしい環境がある沖縄ならではできることかも。感謝だよねー

あと愛犬の存在も大きいですね。とにかく一緒にいるだけで癒されちゃうんですlovely それと引き換えに、外出するときの制限とか行き場所に悩んだりすることも増え、海遊びとか観光とか、せっかく沖縄に移住したけど沖縄らしいことしてないなーと感じてるのも正直なとこ。


そんなとき、人柄に惚れて何度か飲んだりしている地元の方に誘われて、超ローカルな祭りを覗かせてもらいに行きました。

沖縄移住ブログらしく、今回はそのローカルな祭りをちょっと紹介しちゃいますね。

宜野座村松田地区の豊年祭。又の名を十五夜あしび。


祭りと聞いて行ったので、出店があったり、すごい人出でごったかえしているのと思いきや、全然違う厳かで神聖な祭り。愛犬も一緒に連れていっちゃったのですが、島ナイチャーの自分は完全に場違いな感じで、「あー浮いちゃってるなー」とsmile

ちょうどスタートの時間は雨が振ってきたので、道ジュネーはなくなり、公民館内でのパフォーマンス。





もっとエイサーみたいな感じで盛り上がるのかと思いきや、地元の子どもたちも混じってほのぼのした感じ。あと笛というかラッパの音が中国っぽさを醸し出していて独特な雰囲気。

その後、お祈りする場面に一緒に行きましょーと誘われ、言われるがままに付いていくと、なんとそこは久高島を彷彿とさせるような場所がcoldsweats02

2

いつも仕事で宜野座村には行きますが、ちょっと裏に入ると、こんなに神聖な場所があるとはビックリです。

ここは門屋(ジョーヤ)前広場といって、ノロの休憩や歓待をする門屋の前でお祈りを捧げるわけですね。

次は神アサギへ移動。
4

神アサギとは、神を招聘する村の祭祀場のことで、軒が低くなっているのは、不浄な畜類が入らないように作られているみたい。

奥の建物でも村の長老がお祈りを捧げるわけです。


お祈りが終わると何とも神聖な踊りが。。。




島ナイチャーの私としては、こんな場所に同席しちゃっていいのかとドキドキしながらも、しっかり動画撮影してましたcoldsweats01


この地域のすぐ横には、なんと鍾乳洞があるんです。
Photo

普段開放されておらず予約制っぽいので、ご注意を。

ここ、メーガー遺跡っていうらしいです。
1
この洞穴内には、グスク時代の土器とかも発見されているらしいので、歴史を感じられる場所ですね。

今度、あらためて時間を取って、中に入ってみたいと思ってます。


あと不思議に思ったことも。
3

あちこちに、これがあるのですが、これ、シーサーじゃないんですよね。聞くところによると獅子なんだそうで。確かに日本には獅子舞もあるし、別にあっても変ではないのですが、沖縄といえばシーサーと思い込んでいたので、地域によっては、獅子を守り神としてシンボル化しているところもあるんだなー、と。


その後に訪れた場所は、松田のアシビナーという場所。
5

写真ではわかりづらいかもしれませんが、奥で長老が祈りを捧げているんですね。村の祖霊神が鎮座する後又御嶽があるわけです。またその神様を向いている舞台があり、そこで芸能が夕暮れから深夜まで繰り広げられるそうです。
6

あいにく天気が今ひとつだったので、芸能を披露する場所を公民館移して実施することに。私もちょっとだけ覗かせてもらいました。


この踊り、琉球空手を取り入れていて、何とも独特な踊りです。ちょっと見てみて。


こういった文化を村の若者が、しっかり継承しているところがすごいです。公民館にはあふれんばかりの地域住民が集まっていて、そういえば公民館って、こうやって利用するところだよなー、とあらためて実感。来場する人は、老若男女幅広く、村のこの祭りを誰もが楽しみにしている感じで、本当に素晴らしいと思いました。


移住前、東京に住んでいるときに、地域愛とか文化継承など考えたことも無かったですからねー。

久しぶりに沖縄らしい時間を過ごすことができました。
またちょっと沖縄に沁み込めた感じwink


こんな機会を作ってくれた「しましまん」さん、本当にありがとうございました!



沖縄移住し、すでに7年目突入していますが、来期は仕事で大きく飛躍する予感。いろいろなご縁から役割として与えられた使命を、大好きな沖縄や、大切な同志のために、志高く進めていきたいですね。


町を歩いていたら、癒される光景が。。。
7

子やぎがぴょんぴょんはねて近づいてくるんです。たぶん民家で放し飼いされているんでしょうね。とっても可愛くて癒されました。


あ、でもこのヤギ、食べられちゃうのかもーshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

沖縄好きな人に朗報です!

リゾートに癒されたくて
美ら海に吸い寄せられて
島酒と沖縄料理に引き寄せられて
ゆったりした人と環境が病み付きで
深い歴史的背景にハマりまくって


理由は様々ですが
沖縄は多くのリピーターに愛されています。


でも突然の雨で予定変更とか
ちょっとした空白時間で何かできないかとか
観光客の人だったら、きっとあるはず。



沖縄県民の人でも
休みの日何しよっかなーとか
ちょっとイベントでも行って刺激欲しいとか
どんなイベントがあるか知りたいとか



きっとあるはず。



そんな要望にズキュンとささるアプリが
コレ!


『ぴらつかこよみ』
Piratsuka



毎月2000件もの情報が登録され
エリア別、ジャンル別、予算別など
サクッと検索できちゃうスグレモノ。



無料アプリなので
まずはダウンロードして使ってみてlovely



私も移住して6年目だけど
まだまだ知らない沖縄がいっぱい。



沖縄好きなみなさん
沖縄を満喫しちゃってくださーいhappy01









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

与那原まつり

先週末、年に1度の
地域のお祭りがありました。

 
 

少しでも温度感や雰囲気が伝わるように 
怒濤の写真&動画でレポートします。

 
 
 

この祭りのメインは大綱曳。

 
 

それ以外はいろいろな演し物があります。
様々なジャンル音楽の生演奏とかも
充分楽しめるのですが

  

大綱曳を前にすると、エイサーすらも
前座扱いになっちゃいます。

  
 
   

   

そしてメインの大綱曳ですが
始まるまでが大切な儀式。

 

東(あがり)と西(いり)に分かれて
歴史上の人に扮した支度(したく)をのせた
大綱を担いで会場まで道じゅねーします。

20110731_235339_0

20110731_235342_1

住宅街を出発した綱は
国道330号線を封鎖して進みます。

 

20110731_235345_2

 

会場に東と西の綱が揃ったら
東の綱の輪っかと西の綱の輪っかがドッキング。

20110731_235348_3  

20110731_235351_4


  

そこへ太〜いカナチ棒が差しこまれてスタートですが
ココが緊張する瞬間happy02

 
 
 

綱は地面に落ち、綱引きスタート!

この時、綱の上にのっていた支度も
2m下の地面に飛び降りています。  

 
 
 

今年は30年ぶりに
綱曳きの最中に綱が切れるという
ハプニングwobbly

 
 

でもかなりの迫力で大満足でした〜

 
  
 
 

夜になれば出店も盛り上がり
人だかり。
20110731_235024_0

新聞発表では1万5千人の人出だったらしいので
与那原町がすごいことになってたみたい。

 
 
 

クライマックスは花火大会shine

 

自宅の目の前の公園が打ち上げ会場なので
バルコニーの特等席で鑑賞会lovely

  
 
 

腹に響く爆音と
空に繰り広げられる美しい花火と
夏の風物詩を体感できました。

 
 

地域の伝統や文化を残した
大切なお祭り。

 
 

今年は見物側だったけれど
いつかは
綱を作り、綱を引くという
一緒に祭りを盛り上げる側に
なってみたいですね。

 
 
 

ガンバレ、与那原!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

友利ブラザーズ ポッピングダンス!

いつもお世話になっている
飲み屋「たまりば」のオーナー
アキラさんが

  

実の兄弟でダンスライブをやる
っていうので駆けつけてみたhappy01

  
 

同じ“アキラ”つながりということもあって
放っておけない存在smile

 
 
 

夜は自分の店
昼は別の店で働く
チョー働き者のアキラさん

 
 
 

本番直前でやっと完成するぐらい
練習もロクにできない状態で本番。

 
 

どうなることやらと
心配していたけど

 
 
 

カッコイイぜぃ。

 
 
 

そんな2人の踊りを
まずは見てちょーだい。




 

ガンバっている人って
やっぱり応援したくなるよねー。

 

好きなことに
生きることに前向きな人って
年齢関係なく
尊敬できちゃう。

 
 

松山で飲み疲れた後は

「たまりば」をヨロシクです〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

やっぱ黄金の組み合わせだね。オジー自慢のオリオンビールとカチャーシー

内地の友人が来沖。

 

YちゃんにSちゃん。

 

せっかくだからおいしい琉球料理を食べてもらいたく
グランメールリゾートの「珠那」

 

紅豚しゃぶしゃぶや
島野菜、グルクンにジーマミー豆腐
〆にはダシの効いた雑炊!

定番の料理をたらふく食べて大満足lovely

 
 

でも、ココで終わりません。

 

ホテルグランメールリゾートの前に
地元の人が集まる居酒屋「島ちゃん」があるんだよね。

 
 

初めての沖縄ということもあり
地元っぽい空気を味わってもらいたく
連れていっちゃいましたwink

 
 
 

そしたら、期待通り!
舞台で即興の演奏が始まりました!!

 

うちなーぐちバリバリのMCで、
何を言ってるか聞き取れないぐらい
地元感ガッツリ演出してくれて

 

ホント最高!!

  
 
 

お客さんの飛び入り演奏や歌もあり
すっかり店内が盛り上がったところで

  
 

最後に定番の
「オジー自慢のオリオンビール」

 

自然とカチャーシーに流れ込み
YちゃんもSちゃんも一緒に踊りだし
沖縄の空気をたっぷり堪能してもらったと思います。

  
  

いいねー。

 

ぜひ、この楽しさと空気感を動画で感じてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

結婚式は究極のエンターテイメント!

いやいや
最近の結婚式はプロ並みの演出してるぞ。

  
 
 

以前の職場の後輩だが
尖っていて、生き急いでいるかのごとく
ぶっとんだ生き方をしているヤツの結婚式に参加した。

   
  

いろんなヤツを見てきたが
ココまで自分流を突き通しているヤツは数少ない。

  
  
 

そんな彼が、こんな繊細で高度な演出の結婚式を
企てるとは思ってもみなかった。

   
  

Togawa2

写真じゃ、全く演出が伝わらないけど

いきなり壁面のカーテンが開き
屋外から龍馬伝の演出で入場。

  

すっかり成りきってやがるぜww

 
 

Togawa3

ケーキカットならぬ、鏡開き。

  
 

式も神式だったが、徹底した日本男児の演出。

  
  

Togawa4

あまりにもカッコ良すぎるから
お約束ののいじりをしに高砂へ。

  
 

友人からのメッセージ映像だけじゃなく
嫁さんとお母さんのサプライズ映像で
手作りの栗ごはんが会場のみなさんに振る舞われたリ

披露宴の場を利用して
嫁さんにサプライズプロポーズしやがったりで

  
 

まっこと粋な演出してくれるぜよ。

  
  
 

まったく飽きない3時間でした。

 

Togawa5

Togawa1

会場が八芳園だけにゴージャス。
せっかくなので、昔の仲間たちとのお祝いショット。

  
 
 

また新たな家族の誕生です。

  
 

いいね。

  
  
  
 

2次会も、なんと場所を変えずに
八芳園で立食パーティ。

  
  

こんなゴージャスな2次会
最近聞いた事ねーぜ。

  
  

城をかたどったケーキを
日本刀で切ったり

  
 

逆セクハラゲームとか
とにかく楽しい演出ばかり。

ゲームの景品も豪華なものばかり。

  
 

ちょーバブリーじゃねえか。

 
 
 

かわいい後輩たちが
一生懸命演し物をガンバっている姿が
微笑ましかったので動画で紹介。

  

 
  
  

 

戸川流の人生劇場が
これから始まるね。

 
 
 

「男」だけじゃなく
「夫」や「親」として
更なる深みを増した戸川の生き様
見せつけてくださいねsmile

  
  

Togawa6

戸川くん、愛佳さん
お幸せに!!!

  
  

あ、そうそう

彼、本を出版したんだった。

会社を突然辞めて
世界1周してきた体験記。

 

彼流の世界観が垣間みれる本。

『世界一周 Laugh Note 仲間×勇気×愛×夢=笑い』

って本です。

 

最後にゃ、出版サイン会までしやがった。

 

やってくれるぜ、戸川。

  
 

これからも期待してるよ!

 

愛佳さん、
ジェットコースターのような人生を楽しみながら
あたたかい家庭を築いてくださいね。

 




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

一万人のエイサー踊り隊

沖縄の人にとってみれば

若者たちがエイサーを踊るのは

いたって普通の光景かも。

  

  

エイサーは、

私が沖縄を好きになった素材のひとつ。

   

  

楽しそうに

誇らしげに

自分たちの文化を

若者たちが継承している。

  

   

いいよね。

  

  

東京下町の祭りや

地方に伝わる伝統的な行事など

そりゃいろいろあるけれど

  

  

エイサーの迫力と

音楽と踊りとパフォーマンスの一体感が

なんとも言えずに好き。

   

  

自分が沖縄の若者だったら

迷わず練習に参加するだろうなー。

  

  

毎年恒例、国際通りで開催される

「一万人のエイサー踊り隊」に行ってみました。

   

  

真夏の炎天下に

観客を楽しませようとガンバる姿は

圧巻。

   

  

私が住む地元、

中城村の女性団体。

カッコいいです。

  

   

男性バージョンはコチラ。

さすがに迫力あります。

   

  

お時間ある方、

エイサー好きな方、

ゆるりと動画をお楽しみくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

夏の風物詩 in 沖縄

家の裏の公民館の敷地で

この時期になると

夜な夜な熱い踊りが始まる。

   

   

そう、

大好きなエイサー。

  

  

ダイナミックで迫力ある踊り。

  

  

21時ごろから23時ごろまで続く。

  

  

たぶん仕事終わってから

若いもんが集まって練習するんだろうね。

   

    

暗くてよく見えないかもしれないけど

動画のほうが伝わると思ったので

観てみてください。

   

  

今年も「道じゅねー」が楽しみ。

  

  

大切な伝統を、一生懸命残そうとする

地域と若者たち。

   

  

いいねー。沖縄lovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

THIS IS IT

毎日の日課。

   

眺望を見ること。

   

今朝バルコニーに出たら

寒~いtyphoon

気温18℃wobbly

   

急激な気温低下に身体がビックリcoldsweats02

   

でも晴れているので

空気が澄んでいて、絶好の眺望lovely

  

が、これだ。

09113

毎日見てる眺望でも、今日のは最高だった。

    

   

久々にゆっくりできる休日だったので

今日は、映画を観ることに。

    

期間限定公開中の

『THIS IS IT』が気になっていたので

即決。

DVDで観るより映画のほうが迫力が違うハズ。

         

    

This_is_it

彼の全盛期、

「THRILLER」のレーザーディスクを持っていた友人に、ビデオにダビングをお願いして、何回も繰り返し見た記憶がある。

   

たぶん中学生ぐらいだったと思うけれど

ムーンウォークも練習したし、普通に影響受けていた一人かもしれない。

    

50歳で人生の幕切れになった彼、

   

映画を観た感じでは、全く歳は感じない。 

    

魅せることに徹底したプロ意識。

謙虚でピュアな姿勢。

表現について妥協のない感性。

    

自分も現在多少なりとも表現者のはしくれなので、

そんな彼の姿勢に尊敬。

   

いつまでもパワーを与え続けられる存在でいられるか。

自分を律して高めていけるか。

理想や夢を追いかけていけるか。

      

そんなメッセージを彼からもらった。

      

   

彼は、これで完全な伝説になったね。

   

生き方はいろいろあるけれど

決めるのは結局自分だからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)