環境

2016年3月 2日 (水)

リクルートサイトリニューアル!

このプライベートブログですが、沖縄移住に興味がある方が多くご覧になっていただいているんですよねー。ありがとうございます。

月1回程度の少ない更新にも関わらず、「沖縄 移住 ブログ」で検索すると、1ページ目にヒットするのは、日々いろいろな方からアクセスいただいているおかげなんですね。感謝です。

私の勤務先、実は移住者がいっぱい!
Iターンと言われるケースが28%も!
Uターンも含めると、なんと県外経験者が50%もいるんですよー!

キャリア採用においては、年間で100人以上の方の応募者がいますが、その70%は県外からのIUターン希望者なんです。

なので、このブログにもちょっと紹介しておこうと思います。

3月1日といえば、新卒就活スタートの日!
私の勤務先でもリクルートサイトがリニューアルされたので、県内外の方にご覧になっていただきたく、ちょっと仕事ネタではありますが、ご紹介しますねー

Lex_recruit


勤務先の制度やカルチャー、理念などがわかりやすく紹介されています。
社員インタービューも追加で紹介していく予定ですので、ぜひご覧ください。

あと、キャリア採用向けのサイトもあります。
そこでは数年前のコメントですが、私の体験も掲載されていますよ(笑
Career


先日、世界中のAirbnbユーザーの投票で選ばれた“お気に入り”地域TOP10に、何と沖縄が2位にランクイン!!

1.ベリーズシティ(ベリーズ)
2.沖縄(日本)
3.ジョージア州サバンナ(米国)
4.タークス・カイコス諸島 (英国領/西インド諸島)
5.カリフォルニア州メンドシーノ(米国)
6.京都(日本)
7.サンフアン(プエルトリコ)
7.マーガレット・リバー(オーストラリア)
9.ジャービス・ベイ(オーストラリア)
10.タマリンド(コスタリカ)

すごくないですかー!!

そんな沖縄という最高の環境で、住まい、働くことができるって、本当に感謝です。


大自然や優しい人たちに囲まれて、東京と変わらない仕事をするって素敵ですよね。
移住を検討している若者や転職希望の皆さん、いつかお会いできる日を楽しみにしています〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

沖縄移住8年目突入!!

私の沖縄移住記念日、9月2日なんですよ。。。

今日はすでに9月5日。危なく過ぎ去るとこでしたcoldsweats01

そのくらい沖縄に住まうことが当たり前になってきているんでしょうね。

40歳で意を決して沖縄に移住してから、丸7年が過ぎたわけで、想像以上に早いスピードに驚くばかりです。


東京でお世話になった人、前職の恩師やメンバーなど、今の自分があるのは、そういった過去のつながりがあってのことなので、とっても感謝しまくっているのですが、でも全く後悔もしていないし、逆に沖縄に対して感謝ばかり。


沖縄に移住していなければ知り合うこともなかったかけがけのない仲間たち、友人、知人、そして新たな体験や経験。


東京では感じることができなかった人間性や価値観も勉強することができました。


これだ!と思ったときに行動に移したこと、本当に良かったと思っています。



周囲が年齢の話題をする度に、否応無く意識させられる歳のことですが、意外に自分では最近どうでもいい、と思えてきているんですね。


物理的な老化との戦いという問題はあるにせよ、要はエネルギーをどこまで燃焼し続けられバイタリティを発揮することができるか、ってことだけかな、と。


ただ最近親のことで、時が過ぎることを実感させられることがありました。



沖縄移住して約2年で親を沖縄に呼び寄せたわけですが、最近めっきり歳をとったなーと。



内地にいたときより、沖縄に来たほうが親も元気になった気がするのですが、やはり老化には勝てないようで、最近自力で歩くことがちょっと心配な状態になったわけです。


Img_8306_5

これ歩行補助器です。


歩行中に1ヶ月に3回も転倒したため、骨折などして寝たきりになるより安全重視ということです。



これを使うことで、本人も安心できるみたいで、買い物や散歩など積極的に行くようになってきたみたいです。もっと早く利用させてあげれば良かったなーと。


ここで、日本の超高齢化社会にひとつ疑問が生じました。

うちの父、介護認定2回 否定されているんです。

だから、こういった歩行補助器を利用するのにも全く介護保険が利用できないんですね。リースをするのは介護保険を利用した場合と比較して10倍高いですし、買い取るとなると本当に自転車何台も買えるだろ! PC買っちゃうぞ! ぐらいの金額。


確かに重度の介護ではないのは理解しているんですが、まだ自力で動ける高齢者を重度にしないための介護保険の利用方法ってないのかなーと。医療保険と介護保険の狭間というか、、、


医療費、介護費負担を国として減らしたいのは理解できるけど、もうすぐ3人に1人が高齢者になる超高齢化社会に日本がなるって時代、誰もが安心して老後を迎えるようにできないのかなーと、思いを巡らせるわけです。



人口が増えていかないわけですから、大量生産大量消費の時代も終わっているわけで、税金を箱物や建造物に使うより、人の育成や心の幸せにもっと利用できる国にならないのかなーと。



沖縄8年目突入です!


10年目ももうすぐですね。今年は結婚20周年という節目の年でもありますし、死ぬまでにやりたい100のことを実現するにはベストタイミング。



1日48時間、自分があと3人ぐらいいると、もっといろいろできるんですが、やりたいことありすぎで、死ねましぇん。


毎日を後悔しないようとにかく突っ走ります。


これからもご支援よろしくお願いしまーすhappy01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

沖縄移住7年目突入!

移住してから始めたこのブログ。

9月2日で移住7年目に突入したってことは、丸6年継続してきたってこと。最近は更新頻度はめっきり少なくなってきたけどねcoldsweats01

移住2年目
移住3年目
移住4年目
移住5年目
移住6年目

と少しずつ地域に馴染みながら、お付合いする人の幅も広がり、いろいろ支えていただきながら進化成長してこれたかな〜と。当然いいことばかりじゃないし、問題にぶつかる場面も多々あったけど、前だけ見ながら前進を続けてきたことで、結果として進化してこれたのかな〜と。


おかげさまで、自分の使命や役割も増えてきて、とにかく突っ走っている感じっすdash
移住前は仕事する日は仕事、休む日は休む、みたいなメリハリが普通だったのが、今では1日単位で分けるのではなく、時間単位でメリハリ付けている感じ。これもすぐそこに素晴らしい環境がある沖縄ならではできることかも。感謝だよねー

あと愛犬の存在も大きいですね。とにかく一緒にいるだけで癒されちゃうんですlovely それと引き換えに、外出するときの制限とか行き場所に悩んだりすることも増え、海遊びとか観光とか、せっかく沖縄に移住したけど沖縄らしいことしてないなーと感じてるのも正直なとこ。


そんなとき、人柄に惚れて何度か飲んだりしている地元の方に誘われて、超ローカルな祭りを覗かせてもらいに行きました。

沖縄移住ブログらしく、今回はそのローカルな祭りをちょっと紹介しちゃいますね。

宜野座村松田地区の豊年祭。又の名を十五夜あしび。


祭りと聞いて行ったので、出店があったり、すごい人出でごったかえしているのと思いきや、全然違う厳かで神聖な祭り。愛犬も一緒に連れていっちゃったのですが、島ナイチャーの自分は完全に場違いな感じで、「あー浮いちゃってるなー」とsmile

ちょうどスタートの時間は雨が振ってきたので、道ジュネーはなくなり、公民館内でのパフォーマンス。





もっとエイサーみたいな感じで盛り上がるのかと思いきや、地元の子どもたちも混じってほのぼのした感じ。あと笛というかラッパの音が中国っぽさを醸し出していて独特な雰囲気。

その後、お祈りする場面に一緒に行きましょーと誘われ、言われるがままに付いていくと、なんとそこは久高島を彷彿とさせるような場所がcoldsweats02

2

いつも仕事で宜野座村には行きますが、ちょっと裏に入ると、こんなに神聖な場所があるとはビックリです。

ここは門屋(ジョーヤ)前広場といって、ノロの休憩や歓待をする門屋の前でお祈りを捧げるわけですね。

次は神アサギへ移動。
4

神アサギとは、神を招聘する村の祭祀場のことで、軒が低くなっているのは、不浄な畜類が入らないように作られているみたい。

奥の建物でも村の長老がお祈りを捧げるわけです。


お祈りが終わると何とも神聖な踊りが。。。




島ナイチャーの私としては、こんな場所に同席しちゃっていいのかとドキドキしながらも、しっかり動画撮影してましたcoldsweats01


この地域のすぐ横には、なんと鍾乳洞があるんです。
Photo

普段開放されておらず予約制っぽいので、ご注意を。

ここ、メーガー遺跡っていうらしいです。
1
この洞穴内には、グスク時代の土器とかも発見されているらしいので、歴史を感じられる場所ですね。

今度、あらためて時間を取って、中に入ってみたいと思ってます。


あと不思議に思ったことも。
3

あちこちに、これがあるのですが、これ、シーサーじゃないんですよね。聞くところによると獅子なんだそうで。確かに日本には獅子舞もあるし、別にあっても変ではないのですが、沖縄といえばシーサーと思い込んでいたので、地域によっては、獅子を守り神としてシンボル化しているところもあるんだなー、と。


その後に訪れた場所は、松田のアシビナーという場所。
5

写真ではわかりづらいかもしれませんが、奥で長老が祈りを捧げているんですね。村の祖霊神が鎮座する後又御嶽があるわけです。またその神様を向いている舞台があり、そこで芸能が夕暮れから深夜まで繰り広げられるそうです。
6

あいにく天気が今ひとつだったので、芸能を披露する場所を公民館移して実施することに。私もちょっとだけ覗かせてもらいました。


この踊り、琉球空手を取り入れていて、何とも独特な踊りです。ちょっと見てみて。


こういった文化を村の若者が、しっかり継承しているところがすごいです。公民館にはあふれんばかりの地域住民が集まっていて、そういえば公民館って、こうやって利用するところだよなー、とあらためて実感。来場する人は、老若男女幅広く、村のこの祭りを誰もが楽しみにしている感じで、本当に素晴らしいと思いました。


移住前、東京に住んでいるときに、地域愛とか文化継承など考えたことも無かったですからねー。

久しぶりに沖縄らしい時間を過ごすことができました。
またちょっと沖縄に沁み込めた感じwink


こんな機会を作ってくれた「しましまん」さん、本当にありがとうございました!



沖縄移住し、すでに7年目突入していますが、来期は仕事で大きく飛躍する予感。いろいろなご縁から役割として与えられた使命を、大好きな沖縄や、大切な同志のために、志高く進めていきたいですね。


町を歩いていたら、癒される光景が。。。
7

子やぎがぴょんぴょんはねて近づいてくるんです。たぶん民家で放し飼いされているんでしょうね。とっても可愛くて癒されました。


あ、でもこのヤギ、食べられちゃうのかもーshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

名護市長選挙と普天間基地移転を考察してみる

このテーマで書くこと、勇気が要りますね。

身近に賛成・反対それぞれの立場の人がいますから。

狭い沖縄で敵を作ったり感情を害したりすることはしたくありません。でも沖縄の若い世代の人材育成に携わる身として、常日頃から自分の意見や主張をするように話していますし、発言リスクを負うことで、自分の今後の言動にも責任持ちたいですからね。

人によっては「お前はよそ者だろ」と思う人もいるかもしれません。その通りです。うちなんちゅではありませんね。でもうちなんちゅと同等かそれ以上に沖縄のことを真剣に考えているという認識はあります。税金を納める1人の県民として、大好きな沖縄の未来を憂いています。



話の本質に入りますが、
基地問題と原発問題って似て非なるものだと考えていました。


まず似ている部分。

それは、客観的に考えると「負担が大変だよな。なんとかしてあげないといけないね」という思考が働くのに、当事者として考えると「自分の近くに基地も原発も移設してほしくない」という総論と各論が正反対なところです。


ただ非なる部分としては、

原発は地域として散々もめた経緯があるとしても、誘致合意した上での結果ということ。雇用や経済効果に期待してリスクを受け入れたという当初の判断があるわけです。

沖縄の基地負担については、戦争で侵攻された結果、沖縄県民の意思に関係なく戦後アメリカ統治下におかれ、日本国復帰後もそのまま既成事実として現存しているということ。
戦争で日本の捨て石になるため、日本本土で唯一の地上戦を繰り広げ、戦争という殺戮を正当化した異常行為の中で、大量の人間(国籍問わず)の尊い命が失われ、日本人が日本人を殺すという信じられない精神状況の中、アメリカの侵攻を民間人を巻き込んで時間稼ぎをした歴史の犠牲になっているということです。


なので、今回普天間の安全のためだろうと、経済振興のためだろうと、沖縄県に基地を新設するということは、沖縄県民が誘致に合意したことを証明するわけで、今までの賛成反対の主張の質とは大きく異なる意味をもつ歴史認識を変える結果になると思っていました。


年末の沖縄県知事の決断は正直ショックです。
ただ、18年も結論の出ないまま同じ県民が賛成と反対で分裂することは本当に良くないことだと思っています。年齢や健康状態を考えると、知事だって自分の目が黒いうちに最後にケリを付けて、県民がいがみ合うことなく平和で経済発展した沖縄の未来を考えるのも自然なことだと思いました。官僚だったからからこそ日本国をどうするかの視点も持ち合わせているでしょうし、沖縄県全体を俯瞰する視点もあるでしょうし、落としどころを考え苦渋の決断で結論を出したということも理解できました。

ただ沖縄県知事が当選した時は、辺野古移設反対を表明しており、県外移設を推進する内容でしたので、民意を反映したという結論ではなく、知事の独断ということになります。それに対して今回の名護市長選挙は、民意の反映です。もし賛成派が当選すれば、それこそ県民の意思で基地を誘致したことになります。



私は名護市民ではありませんので、かなりドキドキして今日は見守っていました。結果として反対派の稲嶺知事が続投になりましたが、賛成反対それぞれの立場での遺恨は残ります。また先の見えないいがみ合いが始まるということです。



民意で基地を誘致しなかったということは良かったと断言できますが、問題の先送りに対して本当に良かったのかというと、県民ひとり一人の様々な心情を想像すると自信と確信は持てないままです。



沖縄振興予算についても述べておきます。
この資金は、基地移設の見返りや選挙の票取りのため、駆け引きするための金ではないと思っています。戦争で捨て石となり廃墟となった沖縄へ、もっとさかのぼれば琉球王朝という独立国を日本が支配し振り回した代償として沖縄に対する振興資金だと思っています。そのためにも、早く「自立するまで時間はかかったけれど、相当な日本国民の税金を投入して支援してくれてありがとう。もうこれからは自立したから他の地方都市と同等でも大丈夫だよ」という時期がこないといけないとも考えています。



私自身も人材育成事業の中で、日本国民やアメリカ国民の税金を利用させていただいているわけですが、『人』という側面から少しづつ実績を重ねていくことで、5年10年スパンで長期間かかるかもしれませんが、依存体質から自立できる人材を輩出していくことで、何か貢献したいと思っております。



とにかく自分ができることを少しずつでも積み重ねていくだけです。
沖縄の明るい未来を信じて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

前言撤回

前回の記事で
シリコンバレーの食について
問題があるような記述をいたしましたが
全く問題ございませんでした。
 
 
ここに訂正いたします。
 
 
 
 
はい、おいしかったです。
 
 
 
2日目の夜は訪問先の方々と
会食があったので
日本料理(割烹)へ。
 
 
 
鮨とか食べるんだろうなと思いつつ
メニューを見て
おもわず「すき焼き」オーダーしちゃいました。
20120830_020137_1
 
 
 
肉がちょっと違和感あったけど
美味いです。
  
 
 
 
Yahooに訪問した際も
社員食堂で一緒にランチ。
 
 
 
 
最近Googleから新CEOが着任したことで
話題になっていましたが
社員食堂が有料だったのを
Google同様、無料に変更したばかりでした。
 
 
 
めちゃくちゃ豪華ですよ。
種類も豊富だし、飲み放題食べ放題。
 
 
 
 
胃が疲れていたので
サンドウィッチにしましたが
普通においしかったです。
20120830_020135_0
 
 
 
 
 
3日目の昼食も
現地日本人VCとの会食だったので
日本料理屋をセレクト。
 
 
 
 
この辺では有名な店らしく
ランチタイムは満席。
 
 
 
 
素材や出汁の味が微妙に表現される
天ぷらうどんをオーダー。
20120830_020140_2
 
 
 
 
こちらも満足いく味。
 
 
 
 
シリコンバレーのマウンテンビューという
ダウンタウンは、イイですね!
 
 
 
 
世界各国の美味しそうな料理店がいっぱいで
街や店の雰囲気もGOOD。
 
 
 
 
仕事じゃなくプライベートで
グルメ旅をしてみたい、と思っちゃいました。
 
 
 
 
夜はホテル近くのイタめし屋へ。
 
 
ペスカトーレをオーダーしたのですが
イメージとは違う感じ。
20120830_020142_3
 
 
 
ま、味はOKだったので良しとします。
 
 
 
 
ということで
問題の「食」が解決されたので
シリコンバレーに住めちゃうかも。
 
 
 
 
あ、グルメの話題だけ書いていると
遊んでいると思うかもしれないでの
名誉のためにコチラのブログも見てくださいね。
 
 
 
 
めちゃくちゃハードで充実した時間を
過ごしています。
 
 
 
 
平均睡眠時間2〜4時間/日ですね。
 
でも、ハイテンションなので
ギリギリで持続している感じです。
 
 
 
 
一応こっちにも写真いくつか掲載しときます。
20120829_035227_1
20120829_203717_4
20120829_204029_3
20120829_204541_3
20120830_020144_4
(脳波で戦うゲームを体感中です)
 
 
 

ではでは〜


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

シリコンバレーでの生活が始まりました!

始まりました。
シリコンバレーでの生活がhappy02
 
 
  
移動で2日間潰したので
初日とはいえ
なぜか疲労感が、ぱないですcrying
  
  
  
前回は時差ボケなど全く感じなかったのですが
今回は、顔や頭がボーッとしていて
常に寝てるんだか起きてるんだかわからない
ふわっとした感じの状態が続いてます。
  
   
明日もこのままでは嫌なので
朝、軽く運動して熱い風呂にでも
入ることにしましょう。
  
  
   
  
   
  
シリコンバレーの環境は大好きです。
熱過ぎず、寒過ぎず、雨も少なく
心地良い環境。
 
  
それでいて、世界最先端の情報と
そこで生きることを楽しむトップレベルの人たち。
  
  
  
  
楽しくないわけないでしょ。
  
  
  
  
  
でもですね。
住むとなったときに
私的に致命的な問題があるのです。
  
  
  
  
  
「食」です。
  
  
   
   
    
アメリカって、何度も行ってますが
味がオオアジなんですよねー。
  
 
 
 
昨晩はインド料理屋
20120828_013122_0
 
 
 
本場のカレーとナンはもちろん
果物とアイス以外はどの総菜も辛いものばかり。
 
 
当然です。インド料理屋ですから。
辛いのが苦手な私がいけない。
  
  
  
  
  
  
今日の昼は現地でもウマいと評判の
「In-N-Out Burger」へ
  
  
   
オニオンとトマトがそのまま入っているので
日本でマック食べるより断然Good。
20120828_013128_2
   
  
  
  
夜は買い物ついでに
フードコートでビビンバを注文。
20120828_013130_3
  
  
  
  
もはやコチジャンをかけた
野菜ごはん。
  
   
   
   
   
   
写真は無いですが
シアトル空港では
パッサパサの味の無いツナサンド。
  
  
    
   
   
    
想定してましたが
成田で食べた
日本蕎麦とうなぎやもつ鍋が懐かしい。
    
      
   
     
いや、ANA機内食の
エビ釜飯と蕎麦セットのほうが
まだうまかった。
20120828_013125_1
   
   
  
    
   
早くも
日本から持参した梅干しとみそ汁の
出番かなbleah
 
 
 
  
   
あ、食べてばっかりじゃないですよ。
ちゃんとシリコンバレーで
吸収しまくってますから
20120828_002208_6
20120828_002550_5
  
  
  
   
   
こっちのサイトも見ておいてくださいね。
  
  
   
   
   
プライベート編はこのブログで
現地リポートしますよーbleah
  
  
ではまた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

ファーマーズマーケットOPEN予定!

今日は天気が良かったので
買い物ついでに
ちい散歩(^^)


家から徒歩1分の場所で
工事してたから何が建つのかと
見に行ってみたら

1329052059910.jpg
なんとファーマーズマーケットが
オープンするじゃないですか!



あと数ヶ月後には
地元で採れたての新鮮野菜が
気軽に食べられるわけですね。


ご機嫌な気分で散歩を続行。

天気がイイのもテンションUPの理由。

1329052065999.jpg
つい海まで足をのばしちゃぃました。


何度も海に来てるけどやっぱり落ち着くね。

1329052067475.jpg

1329052068748.jpg


公園にはタンポポが(^^)

1329052070028.jpg



桜も散りはじめ
もう春はすぐそこ。

いや春は今だから
夏もすぐそこかなf^_^;




こんな環境に住めることに
あらためて感謝です。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

走って気づく街のいろいろ

基本車社会の沖縄。

 
 

街を歩く人も少ない。

 
 
 
 

自分も目的地まで車移動する日常だから
車窓から流れるように見る景色に
慣れてしまっている。

 
 
 

だからこそ
散歩やマラソンをすると
見える風景や感じるモノが違うことで
ハッとすることが多い。

 
 
 
 

海や緑や土が混ざった
自然そのものの空気の匂いや
刺すように痛く照りつける太陽の力や
屈託の無い笑顔で遊ぶ子どもたちや
カラフルな花と香りや虫や鳥の声など

  
 
 
 

五感で直接感じることができる。

 
 
 
 
 

だけど、イイことばかりでも無い。

 
 
 
 

最近走っていて目に付くのは
道端に捨てられたゴミの多さだ。

 
 
 
 

タバコのポイ捨て
缶やビンの投げ捨て
ビニール菓子袋やプラスチックなど

 
 
 
 
 

以前もこのブログで紹介しているが
マナーの悪さには、本当に驚く。

 
 
 
 
 

観光立県の沖縄なのに
自分たちで自分の街を汚すなんて、、、

 
 
 
 

特に観光客が寄り付かない
日常の道やビーチは本当に汚い。

 
 
 
 
 

沖縄県民の沖縄LOVE率はかなり高いハズ。
その意識があれば
自分の街を汚すなんてできないハズなのに、、、

 
 
 
 

指定ゴミの回収は行政がやるけど
道端のゴミや海岸のゴミまで
全部行政がやるなんて無理。

 
 
 
 

もし予算がつくなら
各自治体や町内会レベルに
権限と予算を振分けて

  
 

住民みんなで1〜3ヶ月に1度でいいから
ビーチクリーンや、街のポイ捨てゴミの回収など
やってみてはどうだろうか?

 
 
 
 

ディズニーランドで
ゴミをポイポイ捨てる人はいないよね。

 
 

それはキレイなところに
捨てづらい心理もあるし
カストーディアルという掃除スタッフさんが
目の前で一生懸命掃除してくれている姿が
否応無しに視界に入ってくるから。

 
 
 
 

それでもポイ捨てできる人は
よっぽど感性が壊れた人。

 
 
 

その原理を自治体レベルで
推進できないものだろうか。。。

 
 
 
 

何度も言うけど
観光で飯食っている県だからね。

 
 
 
 
 

 

あと、雑草が放置されていて
車からの視界を遮っていたり
歩道をジャングルのように埋め尽くす状態で
歩道という態を成していなかったり

 
 

そんな状態があちこちにある。

 
 
 
 

仕分けのせいとか
県道や市町村道とかの区分が違うとか
いろいろできない理由を挙げたら
キリが無いけど

 
 
 
 

南の暑い沖縄では
雑草の伸びる早さはハンパ無いので 
安全の意味でも定期的な作業が必要。

 
 
 
 

こういうことって
すごーく細かいことだけど
一事が万事で
そういうことがきめ細かくできないと
他のこともできていないんだよね。

 
 
 
 
 

縦割り行政って、よく言うけど
これは○○のための予算だから、とか
一度確保した予算は使い切らなきゃ、とか

 
 
 

お役所の考え方は
本当に理解できない。

 

 

 
 
 
 

計画的に使うためにも
予算はあってしかるべきだけど

 
 
 
 

皆が汗水たらして納めた大切な税金を
取捨選択して使うべき。

 
 
 
 

生き金と死に金を見極めないとね。

 
 
 
 

違う、必要無い、と思ったら
勇気をもって使わず余らせて
他に回せる仕組みが欲しいね。

 
 
 
 

意味も無い箱もの建築や
土木工事などにジャブジャブ税金使う時代は
もう終わりでしょ。

 
 
 
 

医療や年金や教育、ベンチャー支援など
安心して生きるため、日本や沖縄を強くするために

 
 
 
 

もっと有効に税金を使って欲しいな。

 
 
 
 

沖縄行政の国依存、
沖縄県民の行政依存はまだ根強いハズ。

 
 
 
 

ひとり一人の意識が自律して言動できれば
イイ組織創りができるのは
企業も行政も同じ。

 
 
 

 
誰かがやってくれるではなく
自分の言動を変える、意識を変える
マナーやモラルをUPする、など

 
 

ひとり一人ができることから変えていくだけで
きっと少しずつ変化が見えてくるハズ。

 
 
 
 

エラそうなこと言ってて
自分だってできていないこともいっぱい。

 
 
 
 

まずは自分を変えることからだね。

 
 
 
 

たまにはこんな内容のブログもありかな。

 

骨埋めるつもりで移住しているので
良い地域創りをしていきたいキモチは本気。

 

向かうべきゴールのためにも
ちゃんと気づきは発信しておかないとね。

 
 
 

ではでは〜smile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

ハードよりソフトだね。

親父の引越が完了。


高齢者専用賃貸住宅から
高齢者専用賃貸住宅へ。

 
 
 
 

場所が変わっただけ??

 
 
 

いやいや
高齢者にとって環境の変化は
吉と出るか凶と出るか
非常に難しい判断なので

 
 
 
 

そんな気まぐれな引越はできません。


 
 
 

以前の住まいは
確かに高齢者専用賃貸住宅でした。

 
 
 
 

広めなバリアフリー住宅で、
緊急ボタンもあり
1Fにはコミュニティースペースもありで
高齢者用の住宅要件を備えた建物でした。

 
 
 
 

でも、仲の良い友達が
1人去り、2人去り、
話す相手もいなくなると
部屋に閉じこもることが多くなり
歩かないのでカラダも衰えて
買い物も億劫になり

 

という悪循環です。

 
 
 
 

どっちが先がわからないけど
建物全体に元気が無くなると
そこにいる人間も元気なく見えてきます。

 
 
 
 

そう、ソフトが何もないところだったのです。

  
 
 

なので、ソフト(サービス)付きの施設を
探していたところ

 
 
 

ついに見つけました。
今は、高齢者専用賃貸住宅だけど
「サービス付き高齢者向け住宅」適応物件を。

  
  
 
 

父親と見学したら、
すぐに気に入った様子なので
速攻引越しを決めました。

 
 
  
 

介護は厚生労働省管轄なのに
高齢者専用賃貸住宅は国土交通省管轄。

 
 
 

だから、不動産業者が
高齢社会に需要増を見込んで
あちこちに建設するものの
入居するのは、自立で元気そうに見えるけど
様々な問題を抱えた高齢者たち。

 
 
 
 

ハードの基準が整っていても
それだけじゃダメなんだよね。

 
 
 
 
 

今年の4月についに法律改正が成立しました。
通称:高齢者住まい法が
国土交通省と厚生労働省が横断型で

 
 
 

『サービス付き高齢者向け住宅』を創設したのです。

10月から法律が施行されます。

 
 
 
 

これにより
今まで一般ユーザーにわかりづらかった
・高齢者円滑入居賃貸住宅
・高齢者専用賃貸住宅
・高齢者向け優良賃貸住宅

の既存3施設は廃止されて

 
 

サービス付き高齢者向け住宅に
一本化されます。

 
 
 

高額な入居金を支払わなきゃいけない
有料老人ホームは
この制度が創設されることで
サービスの差別化が
一層要求されるようになりますね。

 
 
 

老後も資金力で差がつくと思うと
なんか寂しい現実ですが

 
 
 

でも、元気な高齢者が
いっぱい増えるということは
いろいろなケースが増えるということです。

 
 
 

ダメなことばかり強調されている行政も
やることやっているんですね。

 
 
 

幼稚園と保育園の連携のように
(文科省と厚労省の縦割が連携)

 
 

役所もなわばり争いしていないで
柔軟に現場ニーズに合わせて
重い腰を動かして欲しいもんです。

 
 
 
 
 

つい先日
65歳以上の高齢者が
国民の4分の1になったと報道されました。

 
 
 
 

そう、日本は
世界でもまれに見る
超高齢社会なんです。

 
 
 

福祉国家はスウェーデンが有名ですが
税制度など全然違うので
日本流の超高齢社会への対応策は
世界中で注目されています。

 
 
 
 

私が高齢者の仲間入りするのは
あと20年以上ありますが

 
  
 

でも、そう遠くない現実。

 
 
 
 
 

楽しい老後を過ごしたいもんです。

 
 
 
 
 

私の親父は、嘘のように
笑顔になりました。

 
 
 

優しい職員さんに囲まれ
同年代の方々と触れ合いながら
そこで作られた温かい食事も食べてます。

 
 
 

洋服もおしゃれな服装に新調し
髪の毛整えたりと
外見にこだわるようになったのも
とても良い事だと思っています。

 
 
 

そういえば以前の建物では
杖ついて歩いていたのですが
こっちに来てから
杖つかずに歩いているようです。

 
 
 

やっぱり病は気からなのかな〜。

 
 
 

いづれは
併設のデイサービスや
訪問介護を受ける時期が来るかもしれません。

 
 

医療法人が地域を面として
福祉から医療まで経営しているので
いざという時も家族は安心です。

 
 
 
 

まだまだ現場は手探りでしょうし
政治家や官僚たちも
現場ニーズを追っかけるのが
精一杯な状態だと思いますが

 
 
 
 

今までの日本を支えてきた方々が
楽しく生きていけるような
より良い国にしたいもんです。

 
 
 
 

介護も病院も、ホテルも学校も会社も
どんなに良い建物(ハード)があっても

 
 

所詮はそこにいる「人」なんだよな〜

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

やっぱ沖縄は暑くなきゃねっ!

twitter見てる人はネタ重複するから飛ばして。

  
 

ブログしか見てない人もいるので
沖縄らしい日をご紹介。

 
 
 

今年入ってからというものの
天気は悪いわ、寒いわで
フラストレーションが溜まってたわけ。

 
 
 

この週末は
ひっさしぶりのNiceな天気sun

 
 
 

沖縄らしい天気に
やっとなってくれたわけ。

 
 

待ち遠しかったよーhappy02

 
  
 

南部エリアに車を走らせ

新原(みーばる)ビーチへrvcar

 
 

20110206_201307_0

 
 

周辺は、琉球屋根の沖縄らしい家屋が
建ち並んでいる風情ある街並み。

20110206_201328_7  

 
 

これだけでも大満足なんだけど

 
 

このみーばるビーチは
那覇で飲み屋を経営している
宮古島出身のアキラさんが

昼間に肩肘張らずにやっている店もあり

20110206_201322_5

居心地最高lovely

 

ココの天ぷらがうまいんだ。

 

特にアーサー天ぷら。

20110206_201316_3

北中城産のアーサを
たっぷり使って揚げているので

 

食べた瞬間、
口の中は海の香りでいっぱい。

 
 

味付けも香ばしさがしっかりあるので
何も付けなくてサクサク食べれちゃいます。

 
 
 

そう、
太陽と青い海に、青い空と白い雲
そよ風とおいしいつまみがあれば

20110206_201313_2

キンキンに冷えたオリオンでしょlovely

  
 
 
 

いやー、贅沢っす。

 
 

金じゃ買えないよ。

 
 
 

生かされている全てに

感謝!!

 
 
 

リフレッシュしまくった私。

ガンバるで〜scissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)